ピクシブ百科事典

マーメイド物語

まーめいどものがたり

アニメ『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の登場人物である一之瀬みのりが執筆した小説。
目次[非表示]

描写もありがち
キャラも物語そのものも
みんなどこかで読んだことのある借り物で
わたし自身が経験したことが何一つ入ってない
頭でっかちのお話だ
       ——『トロピカル〜ジュ!プリキュア』第28話

概要

一之瀬みのりは一年生の頃に文芸部に所属していたのだが、その時に部誌に掲載するために自身が執筆した小説が『マーメイド物語』である。第4話に登場。
中学2年生になった現在のみのりは、この作品を「つまらないただのおとぎ話」と一蹴しており、過去の汚点のように扱っている。
この第4話では、この作品が部の先輩から酷評されたことと、みのりがその後に文芸部を退部したことが示唆されている。
同話はみのりがキュアパパイアへと覚醒するエピソードでもあるのだが、そのプリキュアとしての姿は『マーメイド物語』の世界観を投影したものとなっており、心中ではこの作品に強い思い入れがあることも示唆された。

第28話では、みのりはこの作品を執筆中はプロ顔負けの傑作だと相当増長していたことが語られており、その反動で先輩からの酷評がトラウマとなり、それ以降は小説が一行も書けなくなったというヘビーな事実が明かされている。そして、小説が書けない状況は今でも続いている。
ただみのりは「今の自分なら先輩の批評は正しいとわかる」としており、当時の自分は執筆の糧となる刺激的な体験が乏しかったため、他の作品からの借り物の表現しか出来ていなかったとしている。
そしてトロピカる部に入って新しい体験をいくつもしたことで、過去の自分が何も知らなかったことを今更ながらに気付かされたともしていた。
みのり本人は、今はトロピカる部でみんなといるのが楽しいとして文芸部に復帰するつもりはないとしているが、いつの日かみのりがまた小説を書ける日がくるのかもしれない。

内容

第4話でこの小説を読んだまなつが、みのりに語った以下のセリフによって、小説の内容の一部が語られている。

「みのりん先輩の小説『マーメイド物語』、すっごくトロピカってる!
人魚と人間の女の子が世界を旅する大冒険!
こんなすごい物語がかけるなんて本当にすごいです!
海で溺れたドジな人魚と、それを助けた人間の女の子…
仲良くなった二人は凶悪なドラゴンから世界を救うため、
7つの海を巡る冒険の旅に出る!
ドラゴンの目的は世界中のフルーツを食べ尽くすこと!
フルーツが大好きな女の子は勇敢に立ち向かう!
この伝説のパパイアは絶対あなたには渡さない!」

と、ここまで熱く語った時点で、黒歴史を掘り返されたくないみのり本人から「やめて!」と制止されたため、物語の結末は視聴者には明かされてない。

余談

この小説の二人の主人公がまなつローラのメタファーのようになっていることから、本作の黒幕はあとまわしの魔女ではなく執事のバトラーになるのではないかというメタ的な推測が一部の視聴者からなされている。
(バトラーはタツノオトシゴの姿をしているので、それが小説に出てくるドラゴンのメタファーとなっているという見方)

関連タグ

トロピカル〜ジュ!プリキュア 一之瀬みのり
小説
トラウマ

全知全能の書:みのりと同じ経験のある、とある詩人が今まで信じ続けて創造してきたのはすべてこの書に書かれていたという屈辱を味わった本。

関連記事

親記事

一之瀬みのり いちのせみのり

兄弟記事

コメント