ピクシブ百科事典

戦隊モノ最終回恒例行事

せんたいものさいしゅうかいこうれいぎょうじ

戦隊モノ最終回恒例行事とは、戦隊モノの最終回にて、現レッドが新レッドに未来を託すあの儀式である。
目次[非表示]

概要

スーパー戦隊シリーズ最終回では、最後の提供紹介部分にて、シリーズを終える戦隊のレッドと、次シリーズのレッドが対面し、なんらかのアクションをとるシーンがある。
これは2005年、『特捜戦隊デカレンジャー』のデカレッドと『魔法戦隊マジレンジャー』のマジレッドから始まった儀式である。ただし、それより前の2001年に『未来戦隊タイムレンジャー』の最終回で過去の戦隊を紹介した後、未来の戦隊を紹介する形で『百獣戦隊ガオレンジャー』とのバトンタッチが行われている。

この2キャラはスーツアクター福沢博文から高岩成二に代わることからこのような演出が導入され、さらに翌年の次回作『轟轟戦隊ボウケンジャー』では福沢がボウケンレッドのアクターとなることで(というか高岩がライダーに戻るため)再びこの演出が行われたことで、以降もスーツアクターが続投するしないに関わらず恒例行事として行われるようになったわけである。
(なお続投の場合は当然ながら片方には代役のアクターが入っているらしく、大抵前年のレッドの方がそのようである)
ちなみに、殆どの戦隊レッドは放送終了後、放送前に関わらず、登場する作品のキャラクターの性格にほぼ準じていたのに対し、轟轟戦隊ボウケンジャーから獣拳戦隊ゲキレンジャーの引き継ぎの際のゲキレッドのアクションが放送前とはいえ、やけにクールだったりする。(なお、獣拳戦隊ゲキレンジャーから炎神戦隊ゴーオンジャーへの引き継ぎの際は原作の通り明るいジャンらしいダイナミックなアクションになっている。どういうことなの…
特殊な例として韓国で放送されたパワーレンジャー・ダイノフォースブレイブ獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ)からパワーレンジャー・アニマルフォース(動物戦隊ジュウオウジャーの韓国語吹き替え)への引継ぎとして、ジュヨン(ブレイブキョウリュウレッド)から大和(ジュウオウイーグル)へと変身前の姿でバトンタッチを行っている。
このためジュウオウジャーが放送済みの日本の視聴者からすると、後輩から先輩へのバトンタッチというかなり特殊な光景となっている。

Animal Force



それにちなみ、特撮アニメのシリーズものの現主人公が新主人公にバトンタッチをするイラストに、このタグが付けられている。

ちなみに、現在はおよそ三分の一のイラストがプリキュアシリーズである。
本来の意味で最初にこのタグが付いたイラストがこちら(バトンタッチというより殴り合いだが、この二人だとだいたいあってた)。

この番組はバンダイとごらんの各社の提供でお送りしました。


なお、プリキュアシリーズ初代作品の『ふたりはプリキュア』の放映期間は2004年からのこの行事を始めたデカレンジャーと全く同じ時期であり、ある意味プリキュアはこの恒例行事と歴史を共有していたりする。
プリキュアでは、2015年の『ハピネスチャージプリキュア!』のキュアラブリーと『Go!プリンセスプリキュア』のキュアフローラから公式化された
プリキュアについては「バトンタッチプリキュア!」の記事も参照。

関連イラスト

スーパー戦隊シリーズ

侍戦隊シンケンジャー

ガンガン!バルバル!


天装戦隊ゴセイジャー

新戦隊へバトンタッチ


海賊戦隊ゴーカイジャー

一年間ありがとう そしてこれからよろしく


特命戦隊ゴーバスターズ

継


獣電戦隊キョウリュウジャー

トッキュウ×キョウリュウ


烈車戦隊トッキュウジャー

小さな先輩、大きな背中
バトンタッチ


手裏剣戦隊ニンニンジャー

激熱バトンタッチ
手裏剣戦隊ニンニンジャー動物戦隊ジュウオウジャー


動物戦隊ジュウオウジャー

ジュウオウライオン→カジキイエロー
受け継がれしバトン


宇宙戦隊キュウレンジャー

番外

バトンタッチ!


バトルフィーバーJ電子戦隊デンジマン

仮面ライダーシリーズ

仮面ライダーディケイド

ディケイドからWへ


仮面ライダーW

引継


仮面ライダーオーズ

バトンタッチ!


仮面ライダーフォーゼ

終わる宇宙 始まる魔法


仮面ライダーウィザード

鎧武&ウィザード!
铠武  Wizard


仮面ライダー鎧武

ありがとう鎧武 よろしくドライブ
2014年秋、そのタスキは最速のランナーへ繋がる


仮面ライダードライブ

バトンタッチ
新たな一っ走り


仮面ライダーゴースト

バトンタッチ
エグゼイド放送開始!


仮面ライダーエグゼイド

エグゼイド1年間ありがとう!
バトンタッチ!


仮面ライダービルド

ニチアサキッズタイムその他

松太郎絵つめ合わせ 


ニチアサキッズタイム以外

ありがとう列伝、そしてキラメク未来(オーブ)へ
ポケモン世代交代戦隊風~ブラック&ホワイトからXYへ~
サヨナラ、そしてハジメマシテ
ペンデュラムのその先へ


ありがとう、大好き!!
バトンタッチ
主役バトンタッチ 
Baton Pass


次の世代へ
To be continued
バトンタッチ!
後は任せたよ!


歌丸師匠お疲れ様でした&昇太師匠楽しみにしてます
よしかとひかり
ありがとう真田丸!!
主人公、交代



また、公式ではアニメ・スケッチブックFULLcolor'sにおいて、アニメ最終回で
スケッチブックの梶原空と、ARIA水無灯里とのコラボイラストが登場した。
(同時間帯・月刊コミックブレイド佐藤順一監督繋がり)
さらに遡れば、オバケのQ太郎マジンガーZ(共に昭和期)のアニメ最終回にてQ太郎正ちゃん兜甲児のピンチにそれぞれの後番組の主人公パーマン1号(須羽ミツ夫)・剣鉄也が助けに来るという展開もあった。(それぞれの原作者が藤子不二雄永井豪のため)

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ バトンタッチ 戦隊レッド 主人公
プリキュア

pixivに投稿された作品 pixivで「戦隊モノ最終回恒例行事」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 725751

コメント