ピクシブ百科事典

曖昧さ回避

1:福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(捕手)。
2:『重甲ビーファイター』の登場人物。→甲斐拓也(重甲ビーファイター)

甲斐拓也(野球)

甲斐君とカイ君



1992年11月5日生まれ、170㎝80Kℊ。
大分県大分市出身、大分・楊志館高校卒。
2010年のドラフト会議で育成6位で入団、背番号は130。育成ドラフトの同期には4位・千賀滉大投手、5位・牧原大成内野手らのほか、正規のドラフトでは後に東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した山下斐紹捕手、「ギータ」の愛称で知られる柳田悠岐外野手らが選ばれている。
小柄な体格でありながら、強肩とパンチ力ある打撃が特徴。

2013年秋に支配下登録され、背番号を62に変更。
2017年に登録名を本名の「甲斐拓也」に戻すと、自己最多の103試合に出場し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献した。

2018年の日本シリーズでは、「甲斐キャノン」と呼ばれる強肩を武器に6連続で盗塁を阻止し、広島の機動力を完全に封じ込めた。
打率は.143ながら守備面が評価され、日本シリーズMVPを受賞した。
オフシーズンの日米野球では、侍ジャパンの捕手として出場。
MLB最強捕手と言わしめるヤディアー・モリーナとの強肩対決が注目され、試合ではその強肩を遺憾なく発揮し、許した盗塁はわずか1という素晴らしい記録を残した。

2020年には背番号を19に変更。これはかつてホークスのOB野村克也氏がつけていた背番号であり、野村氏本人の意向で決定したもの。ホークスの捕手がこの背番号をつけるのは氏以来となる(なお、野村氏はその姿を見ることなく同年2月に死去)。

その他

オリックス・バファローズに所属していた甲斐拓哉という選手もいた。

関連記事

親記事

同姓同名 どうせいどうめい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「甲斐拓也」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「甲斐拓也」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7827

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました