ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ENEOS

えねおす

ENEOS(旧JXTGエネルギー)が運営するサービスステーションのブランド名。
目次 [非表示]

概要編集

新日本石油が日石三菱(=日本石油と三菱石油が合併)だった2001年に生まれたブランドである。「ENERGY」(エネルギー)と、ギリシア語で「新しい」意を表す「NEOS」を組み合わせた造語である。


JX日鉱日石エネルギー(=富士石油・東亜石油・アジア石油・日本鉱業らを中心とした共同石油が元)の発足により、ジャパンエナジーが展開していた『JOMO』ブランドを編入。更には東燃ゼネラル石油が展開していた『エッソ』・『モービル』・『ゼネラル』の3ブランドも編入される形で統一され、社名もJXTG日鉱日石エネルギーに社名変更。


そして2020年7月よりENEOSホールディングス株式会社へ変更。


店舗編集

サービスステーションには以下の傾向がある。

初期型編集

「ENEOS」ブランド立ち上げ当初に新築された店舗の場合、屋根の部分が逆台形になって出っ張っている事が多い。

普及型編集

旧「NISSEKI」「三菱石油」から転換された場合は、初期型とはカラーリングは似通っているが、屋根が四角く出っ張っていない事が多く、場合によっては簡略化された屋根の上部に「ENEOS」の看板が掲げられるケースもある。

旧「JOMO」からの転換時は一部で「屋根はENEOSカラーでロゴはJOMO」という珍妙なデザイン(店舗によってロゴが立体か平面かは異なる)が存在した事もあった。

このため、入口付近の看板や構造物などから「どのブランドから転換されたのか」を見分ける事が可能な事もある。

Enejet型編集

旧「ESSO」「Mobil」「ゼネラル」の各「Express」店舗からの転換の場合はExpress時代の屋根の赤いラインがENEOSカラーになり、端の白い部分が赤字で「Express」と記されていた箇所が青字で「ENEOS Enejet」と記されている事が多いが、近年では当初「普及型」として営業していた店舗が改装した際や当初から通常のENEOSとして開業する前提で新築された店舗でも、Expressと同じか普及型をベースにしてExpressに準じたデザインにして端の白い部分がオレンジ色の字で「ENEOS」となるなど、やや判別がし難くなりつつある。

関連記事

親記事

ガソリンスタンド がそりんすたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40766

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました