ピクシブ百科事典

クレーターパンチ

くれーたーぱんち

ミルキィローズの代名詞となっている強力なパンチ。
目次[非表示]

解説

美々野くるみミルク)が変身したミルキィローズプリキュア5の5人分に匹敵する、ある意味チートなパワーファイターと位置づけられている。
そんな彼女が本気を出したらどうなるか、それを如実に表したのがこれである。

事の起こりは『プリキュアオールスターズDX』において、横浜みなとみらいで繰り広げられたフュージョンとの戦闘。
キュアブルームキュアイーグレットキュアブライトキュアウィンディにフォームチェンジした上で天空から攻撃を行おうとするが、フュージョンはそれに反応し、口からビームを発射しようとする。
それに気づいたローズはとっさの判断でフュージョンの足下に拳を叩きつけた。その比類無きパワーを発揮させたため、地面は陥没、まさにクレーターのようになった。
これでバランスを崩したフュージョンはビームを撃つことなく倒れ、直後キュアレモネードのプリズムチェーンで固定された後、ブライトの攻撃とキュアドリームのシューティングスターを食らうことになる。

このパンチのインパクトがあまりにも強すぎるためか、以降「ローズと言ったらクレーターパンチ」というイメージが即座に定着することになる。もちろん5GoGo!本編での強さもあってのことではあるが。
だが、そのインパクトの強さとは逆に上記含めて3回しかこのパンチは披露していない。


とはいえ、やはり絵面を含めた印象が強すぎるため、今後も彼女の代名詞となり続けるのかもしれない。


余談

「地面にパンチをぶち込んでクレーターを作る」と言うシチュエーション自体はミルキィローズの専売特許と言うわけでもなくバトル漫画などでもしばしば見られるシチュエーションではあるが、大概はパンチをぶち込んだ本人の力をアピールするための示威行動としての意味が強く、実戦の技として使われるシチュエーションは割と珍しい。

関連タグ

美々野くるみ ミルキィローズ プリキュアオールスターズ 地球割り

関連記事

親記事

ミルキィローズ みるきぃろーず

pixivに投稿された作品 pixivで「クレーターパンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202

コメント