2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

NKVD

えぬかーゔぇーでー

1946年までソビエト連邦に存在した行政機関。諸外国の内務省に当たるが、秘密警察や諜報機関など様々な業務を一手に引き受け、強権的統治の象徴的存在であった。
目次[非表示]

NKVD(НКВД)は1934年から1946年までソビエト連邦に存在した人民委員部(省庁に相当)。内務人民委員部と訳される。

概要

秘密警察諜報機関として敵対国のスパイや政治犯の摘発・逮捕処刑などを行う機関という印象が強いが、実際には通常の警察業務も一手に担っていたため、かなり広い権限を持った強力な組織である。

元々は1917年にロシア・ソビエト社会主義共和国に設立された内務人民委員部NKVD RSFSRと、反革命・サボタージュ取締全ロシア非常委員会 VChK、通称チェーカーなどが数度の改組を経て設立されたもので、現在でも知られる体制になったのは1934年である。
1930年代の大粛清でもその能力を遺憾なく発揮した(し過ぎた)が、1930年代半ばには初代人民委員(長官)、つまり粛清する側のトップであったゲンリフ・ヤゴーダが解任された後、「『ドイツのスパイだ』と”自白”した」として処刑された。
後任のニコライ・エジョフも熱心に粛清に取り組んだがスターリンの不興を買って2年ほどで退任し、その後処刑された。一説によれば行き過ぎた粛清で各機関が機能不全になりつつあったためとされる。
後任にはラヴレンチー・ベリヤが就任している。

第二次世界大戦

1941年2月、スパイ活動や政治犯、敵スパイの摘発を行う国家保安人民委員部(NKGB)が分離独立した。(その後統合と分離を繰り返した後1946年に再統合)
第二次世界大戦(独ソ戦)では、国防人民委員部の元にある赤軍と別の指揮系統で活動し、敵のスパイやパルチザンの摘発、捕虜の尋問、処刑などを行った。
また、スターリングラードでは「一歩も退くな!」の一文で有名なソ連国防人民委員令第227号を根拠に、督戦隊として許可なく退却したり、逃亡、投降する味方将兵を射殺・処刑するなど味方に対しても容赦なく実力行使した。

終戦後の1946年に内務省に改組された。
1954年に内務大臣のベリヤが失脚し、内務省から独立してKGBとなった。

関連タグ

ソビエト連邦 ラヴレンチー・ベリヤ 内務省 秘密警察 強制収容所

関連記事

親記事

ソビエト連邦 そびえとれんぽう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「NKVD」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「NKVD」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 327132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました