ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

仮面ライダーセイバー』に登場する架空の地域。『アーサー王伝説』に登場する、アーサー王が癒しを求めて最後に降り立った島「アヴァロン」の名を冠する。


この場所に関してはソードオブロゴスメギドの両組織も名前しか認知しておらず、実在が疑われていた。

仮面ライダーカリバーがソードオブロゴスを裏切った原因の1つである、因縁深い地でもある。


詳細

ノーザンベースに隠されていた書物を解読した飛羽真により、遂にその詳細が明らかになった。

アヴァロンは地球と異なる次元に存在しており、そこへと赴くには特定の13冊のワンダーライドブックを使い、聖剣で軌跡を描いてアヴァロンへと繋がる魔法陣(これはフルーツ・オブ・ライフという神聖幾何学模様である)を描く必要がある。

また、カリバーは13冊のアルターライドブックを使い、呪文を唱える事で魔法陣を完成させている。


そして、その中の特定の座標の許、ブレイブドラゴンジャアクドラゴンの力が合わさった時にのみ到達が出来る。

そこへ到達した飛羽真の目の前には、白く輝くだけの空間と、全身が不鮮明な白いローブを纏う人物が居た。


聖剣ソードライバーを戻したい一心の飛羽真に対し、白ローブの人物はあるライドブックの存在を示唆し、それを手にした彼に「これからが試練の時だ」として姿を消した。


白ローブの人物

「『ない』と思えばない。『ある』と思えばある。「大いなる力」は、探すな」


(恐らく)アヴァロンの門番か管理者と思われる存在。

詳しくはユーリ(仮面ライダーセイバー)を参照。


アヴァロンへ導く13冊のワンダーライドブック


関連タグ

仮面ライダーセイバー

キングオブアーサー(仮面ライダーセイバー)

アヴァロン

ドラゴニックナイトワンダーライドブック


聖地アタマルド30分後の同時期に登場した別世界。ヒーローサイド新たな巨大戦力を得た点も共通。


小津魁の夢の中:外が砂漠地帯で雷の戦士が扉を開き炎の戦士と同行している中で闇の戦士に襲撃を受けるなどと共通点がかなり多い。また、こちらも第7話の出来事とされている。

関連記事

親記事

仮面ライダーセイバーの登場人物一覧 かめんらいだーせいばーのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17008

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました