ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

烈火抜刀!二冊の本を重ねし時、聖なる剣に力が宿る!


ワンダーライダー!


ドラゴン!アーサー王!二つの属性を備えし刃が、研ぎ澄まされる!


概要

仮面ライダーセイバーの派生形態。第7章から登場。

火炎剣烈火を収めた聖剣ソードライバーブレイブドラゴンキングオブアーサーワンダーライドブックを装填し、火炎剣を抜刀して変身する。

神獣「ブレイブドラゴン」、物語「キングオブアーサー」の力を宿す。

聖剣・火炎剣烈火と大剣・キングエクスカリバーの二刀流で戦う。


Saber - Dragon Arthur仮面ライダーセイバー ドラゴンアーサー


物語系ワンダーライドブックを併用した形態だが頭部がブレイブドラゴンから変化していないのも特徴の1つ。


スペック

身長217.0cm
体重120.4kg
パンチ力15.0t
キック力28.4t
ジャンプ力18.3m(ひと跳び)
走力4.5秒(100m)

体重が約22kgも増加しているためかスピード面はジャンプ力が微増する程度だが、パワー面ではワンダーコンボ以外を凌駕するほど上昇している。

騎士王の頭部を模した左肩の「アーサーボールド」が資質を持つ者に大いなる力を与え、「キングガント」と呼ばれる左腕で固有武器のキングエクスカリバーを操る。

仮面ライダーセイバー ドラゴンアーサー

このキングエクスカリバーは"聖剣に匹敵する刀剣"であるだけでなく同型の巨大剣を顕現させコントールする力を持ち、これを駆使することで城塞級の施設を相手しても単騎で渡り合う事ができると言う

極めつけは巨大剣が変形して降臨する騎士王の力を秘めた巨像・キングオブアーサー。伝心器によってドラゴンアーサーと連携し、左手の長剣の一突きは巨大な岩石をも貫く。数十倍はある隕石すらも粉砕する圧倒的戦闘能力を誇る

これらの能力を有するため実際の攻撃能力は数値の比ではない


左腰に装備するマントのような巨大な刃「マグネイトエッジ」にも強大な破壊力を秘めており、旋回運動や足技に追従して翻り、体術を剣術へと変える。

巨像・キングオブアーサー降臨時には左肩部の効力により展開してセーバーセイバーの刀身の役割を果たし、神獣「ブレイブドラゴン」の力が合わさることであらゆる物を溶断する"炎の剣"となる。


必殺技

  • キングスラッシュ

必殺読破!

キングエクスカリバーのトリガーを5回連続で引くことで発動。

火炎剣烈火との二刀流で同時に斬撃を飛ばし、敵を斬り裂く。

キングオブアーサーの真の力を会得してからは「キングエクスカリバー型巨大剣」をコントロールして斬撃を放つ技となっている。


従来通り抜刀必殺技やキック必殺技も使えるが劇中未使用。


余談

  • ブリタニア列伝史』において、ヴォーティガン王は堅固な塔を建設しようとするが、一夜で地中に沈んでしまう。王は生まれつき父親のいない少年を探し、その血を礎石のモルタルに振りかけるよう魔術師の助言を受け、夢魔の父を持つマーリンが生贄に選ばれる。事情を聞いたマーリンは王に塔の下を掘り、塔が沈む原因である水を抜くよう伝えた。
    • すると赤い竜と白い竜が現れ、戦いを始める。劣勢だった赤い竜は、勢いを取り戻し白い竜を退けた。驚く王にマーリンは赤い竜はブリトン人、白い竜はサクソン人だと説明した。そのブリトン人の住まうブリテンこそ、後に現れるアーサー王の統治する国となる。
      • 上記の伝承的を聞く限り、ブレイブドラゴン(赤い竜)とキングオブアーサー(アーサー王)は見事にマッチしている。

  • 第8章ではソードオブロゴスのメンバーを円卓の騎士に準え、「アーサー王も仲間である円卓の騎士を信じたから戦いに打ち勝てたんだ」と飛羽真が発言しているが、実際の円卓の騎士は内輪揉めで壊滅している。その逸話が指し示すように第16章では飛羽真の仲間への信頼に亀裂が起き始める。そして第22章で変身に必要なキングオブアーサーワンダーライドブックを尾上に回収されて変身不能となり、以降登場する事はなかった。

  • 二冊形態の中で登場機会が最も多い。

  • 頭部が変化しないのは上記の通りだが、奇しくもこれは同じく神獣と物語の力を宿し二刀流で戦うドラゴンアランジーナと一致する。

関連タグ

仮面ライダーセイバー セイバー(仮面ライダー)

ワンダーライドブック キングエクスカリバー

ドラゴンイーグルアーサー

関連記事

親記事

ブレイブドラゴン ぶれいぶどらごん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10878

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました