2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

くすぐり(擽り)とは皮膚表面を撫でたり触ったりして他にも様々な道具で刺激を与え、相手を強制的に笑わせること。武術ともいえ、子供のじゃれ合いからいたずら拷問くすぐり拷問)にまで使われる。pixivイラストでも成人向けとそうでないものと幅が広い。コチョコチョ遊びレベルの微笑ましい光景なら全然普通の光景だし、もちろん精神崩壊するまでくすぐれば当然AV対象にもなる。
くすぐる目的としては様々な理由があるが、笑う時の反応が可愛いからという理由が最も健全な言い方。特に海外では子供達のコミュニケーションやスキンシップとしてもくすぐりはよく行われる。

人間の身体には動脈が皮膚に近いところを通っている部位があり、こうした部分は万一怪我をすると多量の出血を伴いかねない「危険部位」とされている。その為、神経などの触覚も近くに存在し、付近には不快な物を追い払いたいという自律神経が働き、敏感に反応するように出来ている。

小脳では危険部位への刺激に対する予測と、それに対する感覚の制御を行っており。自分でそうした部位を刺激してみても、予測どおりなので小脳が感覚を制御するため違和感が生じないが他人にくすぐられると小脳は自分の意思ではない刺激を予測することができないので、感覚の情報が処理し切れずに脳は混乱状態に陥る。その不快な感覚が「くすぐったい」という感覚であり錯覚された状態から逃れようとする自律神経の過剰反応が「笑い」にあたる。
格闘ゲームランブルローズ』内の攻撃法の一つでもある。

そもそもなぜ「くすぐり」というのか

元々は「こそばゆい」が起源。
19世紀頃「こそばゆい」が、やがて「くすぐったい」と日本全体的に呼ばれるようになった。

人間の弱点

そもそも人間の身体はなどの動物に比べ、外気の防衛の為の毛が多い方ではないので薄い皮膚と神経が直接リンクしてる事から敏感な部分が多い。個人差にもよるが、大まかな弱点は普段、他人には触れる事がないような部分が多い。勿論、個人差もある。

センシティブな作品


上半身の代表というべき部分。大事な動脈や神経が密集し、かつ無防備な部分。又、どんな筋肉質な体型であっても絶対に鍛えられない部分である為、人間の中でここが弱点という人が最も多いだろう。

頭部と繋がっている部分は、言うまでもなく生命に大事な管が通っている為、ここも人間の力では鍛えられないところなので、弱点になる人が多い。よく自律神経の影響で触られると首を引っ込める人が多いが実際は逆効果である。

足の裏


下半身の代表というべき部分。まず人間の手足は、熱さや冷たさなどの感覚を瞬時に感じる為に、元々感覚は敏感に出来ているモノで皮膚全体が弱い部類に入る。中でも足は、大昔と違い足袋や靴などの履物の使用が主流になってから手と比べ比較的皮膚は薄くなっている。しかも普段、他人に触れられる機会はそうそうない為、触られるだけでくすぐったくなる人も多い。相手が素足で横になっている際には一度はやりたくなったりするだろう。フェチな人も多い部分な為か、くすぐり系のDVDや同人誌、二次創作などではくすぐられる側の最大の弱点である事が多く、笑いの起爆として設定される事が多い。

脇腹

よくイタズラなどで相手の脇腹を不意打ちでつついたりする人も多いだろう。この部分も非常に弱い人もおり、身体の中では最も不意打ちにくすぐりやすい場所ともいえる。特にくびれている人ほど弱い傾向があるらしい。

ふともも

特に比較的肌がスベスベな女性に多く見られる。健全な言い方をすれば他人に触れられるのはかなり限定的なので、かなり敏感になっている模様。

鼠蹊部

要は脚の付け根のくぼんだ部分。性器、股間に近い場所という事もあり、友達とのじゃれ合いでもここを責めるのは色々とマズイ事になる為、割とマイナー部位に入る。だがその皮膚の薄さや敏感さ、くすぐったさは桁違いであり、ここが弱い人は非常に多いと言えるだろう。ここをくすぐる機会があるとすればSMプレイか夜の営みの時くらいだろう。

これらの他にも、背中などがある。

いろいろあるが素手で長時間くすぐる人はテクニックがいるかもしれない。
マンネリ化したらくすぐりも半減しちゃうかも知れないし体力勝負にも繋がる。


シチュエーションなど

この時の拘束によってくすぐり感が変わってくる。

  • や傷付かないような鉄製ので手足を拘束
  • または肉ヒダのようなスタンダード(?)な拘束
  • 手首)・足首太股)・等の完全拘束
  • 立ったままの拘束やベッドで拘束
  • 罰ゲームや人質などによって、自分の意思で姿勢を維持する精神的な拘束

くすぐったくて逃げたくても逃げれない環境で、長時間くすぐられると拷問である。
いたずらの度を超えたものはSMと呼べるものとなる。

機械で

センシティブな作品


人間にはない疲労感…。
無機質で小さめのマジックハンドは相手が拘束状態からくすぐりが始まり、後に相手が笑い続け呼吸困難な状況でも止める事は微塵もなく、ひたすら弱点を責め続けられ限界が来たとき笑いながら失禁をしてそのまま意識が飛ぶという二次元のお話…。

だが本当に恐ろしいのはくすぐってくるのは機械ということ。
人工知能なんてそんなものはない。
意識朦朧としてるなか身体を触られてる感覚に目覚める…。

刹那その行為が瞬時にくすぐったくなってくる…。
当然笑い悶絶する。
その時延々とくすぐられる恐怖の叫び声が木霊する…。

なお、ポケモンカードに「くすぐりマシーン」というカードが存在する。
イラストではハサミと複数の黄色い触手が生えているロケット団の秘密メカとバリヤードがいるが、どんなくすぐり方をするかは不明である。

触手によるくすぐり

センシティブな作品


コレは機械と違って考えて責めてくる。
いろんな箇所を這いずりまわり身体のくすぐったい敏感なトコで反応を起こしてしまうと、
そこを確かめるべく何度か執拗に撫で回してくる。
触手はくすぐるだけでなく当然みんなの局部も責めてくる。
コレだけは避けて通れない箇所…。
男女とも秘部は意思とは関係なく反応してしまう。
だが触手も機械みたいに考えを持たないような責めでくすぐってくる。
あくまで拷問目的で作られ稼動したりする機械とは違い、くすぐることで分泌される体液を餌にするのが目的である等触手ならではの理由も多い。

相手が限界でも止める事はなく何度も執拗に責め続け止めることはなかったと思う。

関節技とくすぐり

くノ一三人娘による足裏くすぐり地獄の刑
センシティブな作品


関節技寝技などの体術プロレス技で相手を拘束してくすぐる。
機械のような無機質なものに執拗にくすぐられる恐ろしさは無いが、くすぐる側の感情と人同士が密着する攻めと受けの構図が楽しめる。
拘束具などを使用せずとも己の肉体のみで拘束とくすぐりを同時にできるので効率は良いが、相手が逃げないように押さえ込む技術が必要になる。

一人二役で関節技とくすぐりをこなすものもあれば、複数人で責める場合は技をかける役とくすぐり役を分担するパターンも見られる。
プロレスごっこの延長なものから激痛を与えつつくすぐる凶悪コンボまで様々あるが、暴虐な人物がくすぐると完全な拷問と化す…。
また、関節技がかからないように耐える相手をくすぐって防御を崩す極悪非道な責めパターンもある。

現実でも技を習得すれば実現可能なシチュエーションで、技が完全に入れば相手は脱出不可能となるのでくすぐりと相性が良いが、加減を間違えると骨折させてしまう危険もあるので注意。

多腕(多手)によるくすぐり

センシティブな作品センシティブな作品


多腕を特徴に持つ虫人モンスター娘といった人外などの非現実的なキャラクターによる一風変わったくすぐり責めである。
羽交い締めなどで相手を拘束してがら空きになった脇や足などを余った腕でくすぐる力技が多いが、変身(進化)して腕を生やしたり、複数の手を召喚するなどファンタジー色の濃い展開でくすぐりに発展することも…。
このように現実では基本的に実現不可能なレベルであり、ほぼ二次元世界でのシチュエーションである。

体の部位が増えれば増えるほど、自身にとってもくすぐられてしまう箇所が増えるという弱点はあるが、腕の数が多いだけに相手の隙もつきやすくなるのでさほど問題にはならない。
むしろ多腕というくすぐりチート武器のおかげで拘束とくすぐりを一人で容易にこなせてしまうので恐怖が増す…。
さらに腕の数次第では複数人を同時にくすぐることも可能なので大きな強みといえるだろう。

なお、多腕と似たもので多指(6本指など)があり、現実でも多腕や多指を持つ人間は少なからず存在する。
非常に珍しい事例であり、くすぐられるとどう感じるのかは不明。
※体験談があれば加筆求む。

液体によるくすぐり

センシティブな作品センシティブな作品


ローション石鹸などで感度を増幅させたり、スライム状の液体が触手に変化し、相手の体を拘束してくすぐるなどが見られる。

前者はくすぐる側の指先、くすぐられる側の体にローション石鹸を垂らしてくすぐり責めにする。
肌の光沢や泡などの質感を表現するために裸体のシチュエーションが多くR-18指定の絵がほとんどである。
敏感肌には絶大な効果であり、短時間で発狂させてしまうほどの効果を発揮する場合も…。

後者はスライム型のモンスターとりもちで相手を拘束したり、液体の独特な感触で肌を刺激してくすぐる。
前者と異なる点は液体を拘束具として使用したり、液体自らがくすぐるのだが、中には酸性の液体で衣服だけを溶かして羞恥心を煽る器用な液体も存在する。

その他には水の中に沈めて水責めとくすぐりで溺死させる極悪非道な処刑方法を考えつく恐ろしい者も…。

落語における擽り(くすぐり)

落語業界では本来の意味とは全く違う意味で用いられ、落語家が噺(はなし)の中に客を笑わせるために所々に散りばめるギャグ要素の事をいう。

実際は・・・?

よくR-18系の同人誌小説ゲームなどでは上記のように相手を拘束させ、様々な方法で拷問のように何時間も何日もくすぐって笑わせて精神を崩壊させたり、危ない状態にされることが多いらしいが、現実では個人差はあるものの人間が強烈なくすぐったさを感じるのはおよそ5分〜20分くらいと意外と短い。これは、時間が経つにつれこの刺激が危険なものではないと認識し始め、次第にくすぐったさを感じなくなるメカリズムらしい。(というかくすぐる方もそんな連続で長い時間やってたら流石に体力が持たなくなるだろうが)中にはその刺激が快感というように認識し始め何かに目覚めちゃう人もいるらしいが・・・。ただし、触覚・感覚と密接にリンクしている視覚などの状態(目隠しなど)やくすぐる方のテクニックなどによって「くすぐったさを感じる時間」は大きく異なる。

なので、今後リアリティのあるくすぐり系の作品を作る際には「くすぐったさに慣れさせない為の一工夫」が必要になってくるようだ。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

スキンシップ いたずら 罰ゲーム お仕置き 拷問 SM 筆責め
こちょこちょ 刷毛 マジックハンド 触手 くすぐりマシーン くちブラチャレンジ
くすぐり拷問 くすぐり地獄 くすぐりの刑
くすぐる・・・ポケモンの技。
笑い死に

関連記事

親記事

スキンシップ すきんしっぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「くすぐり」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「くすぐり」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644123117

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました