ピクシブ百科事典

天才マン

てんさいまん

漫画「とっても!ラッキーマン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CVは関智一

概要

初出はLUCKY55:ラッキークッキーついに決着つく!!の巻~(単行本5巻、文庫3巻)

自称この世で一番美しく華麗なキザ野郎。
50億年に1度生まれるか生まれないかのレベルの天才児であり、300年前にヒーロー学校を全教科満点の首席で卒業。その平均勝利時間は0.03秒で、勝利マンは常に心のライバルとしていた。
作中に登場するヒーローたちが属する「ヒーロー協会」の認定第一号だったが、自分のミスで認定証を紛失。それによりヒーローである権利を剥奪…とまではいかなかったが、会長の発言によりプライドを傷つけられた為、会長と認定証を奪った盗人野郎復讐を誓う。そしてヒーロー星破壊を企むよっちゃんの右腕である、お手手戦隊指レンジャー親指グンジョーとしてラッキーマン達と敵対する(あくまで同盟であり主従関係はない)。

ラッキーネットワーク上でFCが設立されているキャラの一人。
子供の頃は劇団ほへとに通っていた。兄貴はやめろ。

初登場時はガモウ絵に珍しい5.5頭身という高身長のスペースルックだったが、次の回では何事もなかったかのように3~4頭身になった。天才だから頭身やコスチュームを簡単に変えられるらしい。

活躍

トーナメントではトリを務め、ラッキーマンと大将同士の対決を行う。もっとも怯えるラッキーマンを殺すつもりはなく、軽く気絶させるだけで済ませるつもりであった。しかし、ラッキーマンが持つ認定証が「盗まれた自分の物」だったことから犯人を彼と断定。冷静さを無くして怒り狂う。簡単には殺さず、雨雲で幸運の星を遮ってラッキーを封じ、更に催眠術で眠らせてから水槽マシーンに拘束。くすぐりと水責めの二重苦で復讐を果たそうとする(そのため天才マンの戦闘シーンは皆無だった)。だがスーパースターマンと会長のおかげでラッキーが起こり、ひっくり返った水槽に自分が飲み込まれてしまう。しかもラッキーマンに両足を掴まれていたため逆さ吊りとなり息継ぎが出来ず、皮肉にも自分が窒息して戦闘不能となった(宇宙で普通に活動できるのに窒息するの?と突っ込んではいけない)。
しかし、ラッキーマンがアクセサリーに目が眩んで天才マンの懐をまさぐった結果、体内の水を吐き出させられ意識を取り戻す。直後によっちゃんのレーザーガンによって処刑されかけるが、ここでもラッキーマンのラッキーにより救われる。つまらない恨みは捨て、ヒーローとしてラッキーマンたちの仲間となった。天才だから誰につくのが正しいかわかっているのだろう。

実は認定証を盗んだ(捨てた)のはよっちゃんであり、それを元祖ラッキーマンが拾って持っていたというだけのことであった。

能力・技

天才ゆえに戦闘力もトップクラスだが、天才であること自体がそのまま弱点にもなっており、完全無欠な者などそうそういないことを示す例でもある。ピンチになったことが無いため、窮地に追い詰められると脆いほか、プライドが高いためそれを傷つけられるととんでもない顔芸を交えた怒りで正常な判断ができなくなる。

後光
その天才ぶりからキラキラと輝く後光を武器にしており、「カッ!」と光らせれば宇宙船でも粉末レベルまで破砕するほどの威力を持つ。もっと強力な「ビカッ!」にしたり、一般人には一切被害を与えずヒーロー候補生にだけダメージが行くように加減などという離れ業が行える。

光速パンチ
比喩ではなく光の速さで放たれる拳。だがあんまり当たったことが無い。

その他

漫画地獄戦士魔王に登場する野獣のファン(?)であったり、天才にしか理解できないギャグをかましたり、何事もわかっているような口ぶりで「ふっ」と返事をしたり、野球バットを逆さまに持ったりと実にうさんくさいヒーローであるが、会長率いるヒーローチームのブレインである。何を隠そうNAINAI16を生み出したのも彼である。じたばたするとジュウシマツがくる。

アニメと原作とでカラーリングに若干差があるが、文庫版のフィギュアはアニメ基準になっている。
ちなみにアニメではキューティーハニーのごとくヒーロースーツを脱いだ

地球では生月天才として追手内洋一たちと同じ中学に通っている。

描き手によりイケメンだったりかわいかったり顔面崩壊していたりと、捉え方によれば個性豊かなキャラとも言える。

関連イラスト

天才と野獣
アニメ49話



関連タグ

とっても!ラッキーマン
残念なイケメン ナルシスト 発明家

関連記事

親記事

とっても!ラッキーマン とってもらっきーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天才マン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216637

コメント