ピクシブ百科事典

不細工です代

ぶさいくですよ

漫画「とっても!ラッキーマン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CVは高乃麗

概要

1980年9月3日生まれ。
身長170cm、体重70kg。バスト100cm、ウエスト100cm、ヒップ100cm。
追手内洋一の同級生で、日本一不細工な女子中学生。
その名と肩書き通り、少女離れした大柄で強肩な肉体と、それに違わないかなりの強面。

です洋


間違いで洋一からラブレターを貰い、洋一を好きになる。
洋一に関するはあまりにも熱烈で、趣味はあまりよくない。

しかして、その実態は埼玉県の3分の2、日本の5分の1を所有する良家のお嬢様。

成績優秀で、あらゆる芸術的才能に長けている。ピアノの腕は彼女を心底嫌悪している洋一が、あまりの美しさに滂沱するほど。

性格も(自らの容姿の醜さに全く気付いておらず)いささか自信過剰気味ではあるが、意外と常識人であり、容姿以外は完璧なスーパーハイスペック才女である。物語の終盤では、主にツッコミ役として確立していた。

腕力杉田秒殺し、モノホンのゴリラと渡り合えるほど高い。

アニメ版では苗字はなく、キャストロールでも単に「です代」とクレジットされていた。

ラッキーマン水着回(プールを占拠する宇宙人の話)ではマイクロビキニ姿を披露…
原作漫画とは違いアニメ版ではハイレグ姿に変更された。

実はその出自故に男を見る目は非常にうるさく、彼女に認められることは並大抵ではない。
そのため、本来なら洋一のような冴えない男は彼女の価値観に沿えばアウトオブ眼中のはずなのだが、熱烈に惚れられてしまう辺り運が良いのか悪いのか。
また、それ故に基本的に洋一以外の主要男性陣に対する評価・扱いは辛辣の一語。
ちなみにさっちゃんことバックコスモス・サミット16世に見初められた際は、です代も悪い気がしなかったようで、お互いに「ぐへへ」と涎を垂らしている。

ラッキーマン(正体が洋一なのを知らない)に対しても、実力ではなく強運に救われて勝利を得るその強さの実態を見抜いて嫌っている。

奇麗田見代のことを普段はあまり良く思ってないフシがあり、「内面・外見共に不細工で最低な女」と評していることも。ただ、連載中のコーナーによると、「一応仲良し」らしい。

ブサイクゴン

声 - 高乃麗後述のわき役星人の能力により、巨大な怪獣と化した「不細工です代」の姿。身長50m、体重5万t、バスト・ウエスト・ヒップいずれも50m。異名は「スネ毛怪獣」「宇宙一醜い怪獣」。
目からどんな顔でも不細工にしてしまう「ブサイクビーム」という光線を放ち、その威力は広告の看板の顔まで変えてしまうほど。他にも触れた相手の手を腐らせてしまうという能力を持つ(アニメでは「傷めつける」「腫れる」という抑えめの表現になった)。
です代の理性も多少は残っており、洋一や彼のラブレターを見ると追い回し、わき役星人も制御不能になってしまった。実力に関しても非常に手強く、防衛軍の戦闘機「ウルトラフォーク&ナイフ(「ウルトラセブン」に登場するウルトラホークのパロディと思われる)」を軽く叩き落とし、巨大化したラッキーマンでも敵わないほどだった。
しかし、わき役星人の円盤に乗っかったラブレターを取る勢いで円盤を破壊してしまい、彼らが全滅したため元の姿に戻った。実力こそ凄まじかったが最終的には「ラッキー」によって救われた。
アニメではコミカルでややおとなしめのデザインになっており、服の下に着ていた水着も原作では際どいデザインのビキニだったのが露出の低いものに変更された。

関連タグ

とっても!ラッキーマン 追手内洋一 奇麗田見代
ブサイクゴン トラウマ お嬢様

悪女の深情け:洋一から見ればまさにこの諺通りと言える。ちなみにリンク先のメイン画像にも使用。
千原せいじ

pixivに投稿された作品 pixivで「不細工です代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7104

コメント