ピクシブ百科事典

ハイエナ科

はいえなか

ハイエナ科とは、哺乳類の分類の一種。
目次[非表示]

概要

ハイエナの仲間は、主にアフリカからインドにかけての乾燥した草原に分布する。ややイヌに似た体形は、開けた土地に棲むことと関係があるようである。アードウルフ以外の種は頑丈なを持ち、動物の硬いも噛み砕く。

進化

ハイエナ科の祖先が現れたのはおよそ300万年前。現在のヨーロッパに初めて出現したと考えられている。祖先の「プロティクティテリウム」がアフリカへと移り棲んだ。初期のハイエナは樹上生活に適応していた。昆虫木の実を食べる雑食性だっとという。100万年後以降は、特殊な道を選び、大変繁栄した肉食動物で、種も多数存在していたが、氷河期を境に殆どの種が滅んでしまった。その理由は不明。

生態

夜行性で、腐ったに群がる習性があるが、アードウルフのような例外(シロアリを主食)もある。シマハイエナカニなども食べる。死肉あさりというイメージが強いが、ブチハイエナはをも砕くとしつこさ、群れの力を活かして獲物を狩る優れたハンターでもある。しかもその狩りの成功率は、ライオンが約20%であるのに対し、ブチハイエナはなんと約80%と、極めて高い。そしてブチハイエナの獲物は、そのほとんどが、自分たちで仕留めたものなのである。ライオンとは獲物を横取りし横取りされる間柄。ハイエナがライオンの獲物を横取りするというイメージが強いが、むしろライオンに獲物を横取りされる方が多い。ちなみに、咬合力も450kg前後と、ライオンの310kg前後の約1.5倍の強さを持つ。

ライオンキングシェンジがそうであるように、雌がリーダーとなる女系家族であり、雌の方が体も大きい。こういった特性は哺乳類ではかなり珍しい(メスの方が大きくなるのはヒゲクジラの普遍的な特徴であり女系社会を形成するのはミーアキャットにウサギ、ゴンドウクジラなどにもみられるが、両方を兼ねそろえているのは限られている)。また、ライオンキングでは、非常に頭が悪い動物として描かれているが、実際は、霊長類に匹敵するほど高い知能を持っているということが、最近になって判明した。その詳細はこちら

生殖

ブチハイエナは雌のクリトリスが雄のペニスと同じくらいか、それ以上に大きく、偽陰嚢と呼ばれる脂肪の塊が股間についている。また発達した肛門腺が女性器のような形をしており、非常に雌雄が見分けづらい。そのため中世ヨーロッパではブチハイエナは両性具有の動物だと思われていた。一般的には勃起したペニスの先端が尖っていたら雄で、先端が平らな方が雌となる。交尾の際は、雌がペニスをひっこめ、そこへ雄のペニスを挿入する事になる。雌が交尾の主導権を握っており、前述にあるように雌優位社会である。ペニスの尿道にあたる部分から出産するため、非常に難産な動物である。初産の60%が死産、その際母親も20%が死に至る。出産後の雌には擬陰茎に出産の跡が残る。

人間との関わり

アフリカでは、寝ている人間がハイエナに襲われる事例がかなり多い(アニメ新機動戦記ガンダムW』では、張五飛がハイエナの群れに遭遇するも追い払うシーンがある)。逆に南アフリカのような治安の悪い地域では、番犬代わりに飼育されることもある。

主な種類


関連タグ

動物 哺乳類 食肉目
ハイエナ ブチハイエナ
ブラウンハイエナ アードウルフ
シマハイエナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイエナ科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1624

コメント