ピクシブ百科事典

マングース科

まんぐーすか

マングース科とは、哺乳類の分類の一種。
目次[非表示]

概要

アフリカインド東南アジアなどに分布する小型肉食獣。温暖な地域の様々な自然環境に生息している。外見はイタチに似ているが、瞳孔がヒツジのように横長に伸びるのが特徴。霜降りの灰褐色の毛に覆われる種が多いが、体色は変化に富む。動物食の傾向が強い雑食性で、昆虫・爬虫類・果実・小動物・甲殻類など何でも食べる。前脚で卵を抱え、後ろ足で跳躍したと同時に後方に投げて石などにぶつけて割る種もいる。また群れを作るマングースの仲間は、見張りや子育てなどいろいろなことを協力して行う。時には、天敵に捕まった仲間を皆で助けることもある。

沖縄・奄美に広がるマングース

ハブ対策で移入され、特定外来生物となった「マングース」は、東南アジア、インド、中国南部、中東などを原産地とするフイリマングース。主な餌は昆虫類で、ハブを獲る事は少なく、アマミノクロウサギヤンバルクイナなどの絶滅危惧種を捕食するなどして、現在は駆除の対象である。同様の事態はサトウキビ農園のネズミ類を駆除するためにフイリマングースを導入した西インド諸島やハワイ諸島などでも起こっている。ちなみに、毒に耐性がある訳ではなく、メイン画像のようにガチで毒蛇に噛まれれば死ぬ。マングースが毒蛇に食われることも珍しくない。

余談

蛇を好んで食べる習性から、エジプト神話では豊穣の女神ウアジェトのモチーフとなっている。

主なマングース科


関連タグ

食肉目 マングース ミーアキャット
のだめカンタービレ

pixivに投稿された作品 pixivで「マングース科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113

コメント