ピクシブ百科事典

ギンガピンク

ぎんがぴんく

スーパー戦隊シリーズ『星獣戦隊ギンガマン』のサヤが変身する戦士。
目次[非表示]

「汚れちゃったけど、気にしない気にしない。戦士なんだから!」

概要


サヤが変身する星獣戦隊の紅一点。
声は宮澤寿梨さん、スーツアクターは中川素州さんが担当した。
パートナーとなる星獣ギンガット
「花」のアースを駆使して戦う他、猫がモチーフなだけあり、敵にしがみ付いて引っ掻く戦法も得意。
星獣剣は逆手持ちで戦う。変身前の武器はスリングショット

主な技

  • 花びらの爪

手の平から花吹雪を発射して敵をズタズタに切り裂く。

  • 花一心
星獣剣に花のアースを込めて逆手袈裟斬りを放つ。

  • キバアロー
サヤの機刃は弓の形に変形し、弦を引くと二問の銃口から光の矢が放たれる。
また、イエローもキバアローを使用し、合同で敵を射抜いている他、レッド同様に、一度だけキバカッターに変形させて「二刀一閃」を披露している。

余談

4も含めての五人での名乗りの際にはそれぞれ、アースの属性のオーラが背後に現れるのだが、ギンガピンク以外の4人はその属性のオーラが実写風なのに対して、ギンガピンクだけは花のアースのオーラが不自然なほどにCGっぽいという特徴がある。

戦隊の女性戦士の中では珍しく、女性幹部や女性怪人との因縁がない。

海外版は変身者の入れ替わりが激しい。
ロストギャラクシー』では当初ケンドリックスが変身していたが、療養の為に降板し、後半エピソードでは前作『イン・スペース』でラスボスのアストロネマだったカローンが変身する。
次作『ライトスピード・レスキュー』との共闘エピソードでは再びケンドリックスが変身した。しかし『スーパーメガフォース』の最終決戦では変身者が再びカローンとなり、変身時にアストロネマ時代の姿のカットインが挿入される演出が為された。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン


ガオホワイト:猫科系統の動物モチーフで、獣戦隊の紅一点かつ
戦う時に引っ掻き技を使う戦士繋がり。
あちらはツエツエと「小娘」「おばさん」と粘り合いながら
激戦を繰り広げていた。

スーパー戦隊シリーズ 戦隊ピンク 戦隊ヒロイン

スーパー戦隊シリーズ歴代ピンク
メガピンクギンガピンクゴーピンク

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギンガピンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93361

コメント