ピクシブ百科事典

目次[非表示]

刀剣類の武器。

刀身が湾曲した中近東の刀剣。
シャムシールとも言い、両者は同じ種類の武器である。

元々シミターは刀身が湾曲してはおらず、西暦1100年代辺りまでは直刀あるいは、ヨーロッパの剣のような形状が主流だった。しかし、東へと進出する過程でモンゴル系の民族と度々接触を重ねるうちに、徐々に湾曲した形状が主流になっていったとされる。

このような種類の刀剣はヨーロッパの騎士のような重装甲の騎兵よりも、鎧をさほど身に付けていない軽装の兵士を相手取るのに向いていた。
これは中近東及び東アジアでは騎兵に対し、偵察や撹乱に必要な素早さを重視していたからであり、ヨーロッパでは騎兵はあくまで突撃するためだけの存在で機動性を必要としなかった。

また、中近東では専業兵士の規模が大きく重装甲の兵士を多数配備できなかったという事情もあった(ヨーロッパではその逆で専業兵士の規模が小さかったためそこまで困難ではなかった)。

けして「暑いから鎧が発展しなかった」からというわけではない。

イギリスの艦上戦闘攻撃機

スーパーマリン・シミター

イギリスの装甲戦闘車両

FV107

UN

関連記事

親記事

かたな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シミター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28906

コメント