ピクシブ百科事典

七支刀

しちしとう

七支刀とは、石上神宮に伝えられてきた鉄剣である。
目次[非表示]

概要

「七支刀」は「ななつさやのたち」とも呼ばれ、大王家に仕えた古代の豪族物部氏の武器庫であったとされる奈良県天理市石上神宮に「六叉の鉾」として保存されてきた鉄剣である。全長74.8cm。
日本書紀』には「七支刀」という記述があり、神功皇后の時代の4世紀に百済からへと贈られたものとされている。刀身の両側から枝が3本ずつ互い違いに出ているため、実用的な武器としてではなく祭祀的な象徴として用いられたと考えられる。

千年以上もその存在が忘れられていたが、明治時代初期に当時の石上神宮大宮司であった菅政友が刀身に金象嵌銘文が施されていることを発見して、以来その銘文の解釈・判読を巡って研究が続いている。

「七支刀」の名は、鉾に似た主身の左右から三本ずつの枝刃を出して計て七本の刃を持つ形に由来すると考えられている。

関連イラスト

鬼巫女さん
キュウビ



関連タグ

刀剣 儀式 六叉の鉾 百済 日本書紀

pixivに投稿された作品 pixivで「七支刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84410

コメント