ピクシブ百科事典

ティラコスミルス

てぃらこすみるす

アメリカ有袋大目砕歯目ティラコスミルス科ティラコスミルス属に分類される絶滅哺乳類。
目次[非表示]

概要

アメリカ有袋大目砕歯目ティラコスミルス科ティラコスミルス属に分類される絶滅哺乳類。
別名「マーシプルサーベルタイガー」。
学名Thylacosmilusは「ポケットナイフ」の意。

中新世鮮新世アルゼンチンの疎林や草原に生息していた、南アメリカ最大の肉食性有袋類。全長1.2~1.7mほど、体重は80~120kg、最大で150kgほどとジャガーサイズだった。また、オーストラリアの有袋類での最大捕食者であるティラコレオ(別名「マーシプルライオン」)も同じようなサイズだった。絶滅しなければ、更に進化が進んだかどうかは不明。

ただし、ティラコスミルスの噛む力はヒョウよりもかなり弱かったらしい。

上顎の牙が長く、下顎にそれを収めるための鞘がある。牙は破損しても大丈夫なように一生伸び続けた。
口は120度近くまで開いたらしい。

南北アメリカが繋がった際に流入してきた、犬科など、より長期的な進化を経てきた哺乳類との生存競争に負けて、およそ300万年前に絶滅した。

その他

近年の調査の結果、南アメリカ大陸最大の捕食動物はティラコスミルスではなくて Proborhyaena Gigantea という動物だったかもしれない(画像はググっていただきたい)。

外部リンク


関連タグ

哺乳類 有袋類

pixivに投稿された作品 pixivで「ティラコスミルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1116

コメント