ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

哺乳綱有袋目双前歯亜目に分類される動物の総称。

カンガルー類の祖先は、ネズミカンガルーのように森林に暮らす小型の者であった。やがてその中から、キノボリカンガルーのようなに登る者も生まれた。オーストラリア乾燥し、草原が現れると、この新しい環境に進出したカンガルーの仲間は体が大きくなった。小さなカンガルーの仲間は単独で、大きなカンガルーの仲間は群れを作って暮らす。

因みにカンガルーの仲間で、

 大型の者は(頭胴長100~160cm、尾長100cm前後)
  →「カンガルー」(kangaroo)と呼ばれる。
 中型の者は(頭胴長75~140cm、尾長60~90cm)
  →「ワラルー」(wallaroo)と呼ばれる。
 小型の者は(頭胴長45~105cm、尾長35~75cm)
  →「ワラビー」(wallaby)と呼ばれる。
 更に小型の者は(頭胴長30~41cm、尾長20~36cm)
  →「ネズミカンガルー」(potoroos)と呼ばれる。

オーストラリア大陸、ニューギニア島、タスマニア島に分布する。

カンガルー科一覧


関連タグ

哺乳類 有袋類 カンガルー
ワラビー ワラルー ネズミカンガルー
キノボリカンガルー

関連記事

親記事

有袋類 ゆうたいるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カンガルー科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント