ピクシブ百科事典

ニューギニア島

にゅーぎにあとう

オーストラリア大陸からトレス海峡を隔てた北側にある島。世界の島の中で2番目に大きい。
目次[非表示]

概要

オーストラリア大陸からトレス海峡を隔てた北側にある
肌の黒いパプア人を見たイギリス人アフリカギニアに似ていると思ったことから「ニュー・ギニア」と名づけた。

地理

地理的にはメラネシアと呼ばれる地域にある。
面積は約78.6万km2で、世界の島の中で2番目に大きい。
島の東西中央に険しい山脈スディルマン山脈マオケ山脈ビスマーク山脈オーエンスタンリー山脈)が走り、スディルマン山脈にあるジャヤ峰(4,884m)はオセアニア最高峰である。

歴史

多数派を占めるパプア人はアボリジニ同様、氷河期に陸続きだった東南アジアから渡って来た人々で、その後、海洋民族メラネシア人マレー人ジャワ人が到来し、海岸近くに住み着いた。

島の西半分はインドネシアパプア紛争(1963年)を経て武力で実効支配する地域で「イリアンジャヤ」と呼ばれ、独立を求めるパプア人をインドネシア軍が弾圧している。
東半分はオーストラリア委任統治領だったが、1975年にイギリス連邦加盟国のパプアニューギニアとして独立した。

関連タグ

オセアニア メラネシア パプアニューギニア インドネシア

関連記事

親記事

メラネシア めらねしあ

兄弟記事

コメント