ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ティラコレオ

てぃらこれお

哺乳綱有袋目(フクロネズミ目)双前歯亜目ティラコレオ科ティラコレオ属に分類される絶滅動物。
目次 [非表示]

概要

哺乳綱有袋目双前歯亜目ティラコレオ科ティラコレオ属。

和名は直訳して「フクロライオン」、別名は「マーシプルライオン」。


体長1.2~1.5m、体重100kgほどと推定されるが、最大種は120~164kg程度とジャガー以上、小型のライオントラに近いレベルにもなった。フクロオオカミこと「サイラシン」同様、「Thyla」に「leo」(ライオン)が付いたネーミングである。


鮮新世前期~更新世後期にオーストラリア大陸の森林に生息し、約5万年前に絶滅した。恐らくは当時生息していたプロコプトドンなどの巨大カンガルーディプロトドンなどの動物が人間の影響によって絶滅したことに起因する「共絶滅」だったと思われる。


前脚が非常に長く上半身が逞しいのに対し、下半身が貧弱なアンバランスな体型で、走ることが苦手だったのではないかと考えられている。樹上で待ち伏せし、通りかかった獲物を襲ったという説もある。

犬歯ではなく切歯(前歯)が鋭く発達しているのも特徴だ。


フクロライオン

オーストラリア最大の肉食性の有袋類だったが、現生動物の中ではコアラポッサム類に系統が近い。


南米最大の肉食有袋類であったティラコスミルスとは、形態やサイズ、生態的地位(ニッチ)が似ていた。また、ティラコスミルスの別名は「マーシプルサーベルタイガー」であり、種族名が似ているのも不思議ではない。


近年、かなり小型の種類も見つかったが、体重比での噛む力はライオンを上回るとされる。


出典

  • 北村雄一「謎の絶滅動物たち」」(大和書房)

ARK:Survival_Evolved

レッドウッドに生息している。木に掴まり、サバイバーに飛び掛かり攻撃を仕掛けるので飛行生物に乗っていても注意すべし。昏睡させ、肉類を与えることでテイムできる。高い走破性と相手の体力を割合で削る出血攻撃で普段使いから洞窟探索まで幅広く活躍できる。


外部リンク


関連タグ

哺乳類 有袋類

関連記事

親記事

有袋類 ゆうたいるい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1584

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました