ピクシブ百科事典

ミック(仮面ライダーW)

みっく

ミックとは、「仮面ライダーW」・「風都探偵」に登場する猫である。
目次[非表示]

演:ブリちゃん

概要

園咲家で飼われているペット。品種はブリティッシュ・ショートヘア
いつもは琉兵衛の膝に乗っており若菜にも懐いているが、冴子霧彦には懐いていない。

元は琉兵衛が3歳当時の来人に買い与えた猫。名付け親も彼である。
14年前に園咲家にやってきたため、年齢は14歳と推定される。人間に換算すれば70代でありかなりの高齢だが、猫らしく街や屋敷を徘徊するなどまだまだ元気であり、ミュージアムが壊滅し左翔太郎に引き取られた後も堂々としていた。
ちなみに亜樹子が作った特製猫まんまを食べた時にはあまりの不味さから具合が悪くなったらしい。

風都探偵

本編終了後、青年漫画誌ビッグコミックスピリッツに舞台を移しての正当続編「風都探偵」でも、鳴海探偵事務所の飼い猫として過ごしている。上の記述及び「風都探偵」の時系列考察に則れば少なく見積もっても16歳オーバーという猫としては立派な老齢(人間換算で80歳以上)でありながらも、まだまだ知力・体力ともに旺盛。一度外出したらなかなか事務所には戻ってこないが、風都の猫たちの間でも一目置かれるくらいの存在である模様。

その猫離れした知性的かつ気骨のある立ち振る舞いは、フィリップや亜樹子に言わせれば「翔太郎よりもずっとハードボイルド」とのことらしい。やはり年の功か。

基本あまり人間に懐かないが、美人のときめには初対面ですり寄っていた。(その様子に亜樹子は「私の時と全然態度が違う!!」と驚愕していたが、亜樹子の場合上記の変な餌を無理矢理食べさせたから嫌われているのだと思われる)

また、今作で性別がオスだと判明した。

ネットムービー

AtoZで爆笑26連発より、「Pの悪戯/ミックは手くせが悪い」
















この先は物語の重大なネタバレを含みます。















裏の顔はスミロドン・ドーパントに変身する、ミュージアムの処刑人
猫ならではの隠密性を駆使して諜報活動を行う他、琉兵衛の命令があれば例え他の家族相手であろうとも容赦なく抹殺の対象として追跡・始末する。ただし、あくまでも命令にしか応じない上に自らの意志で戦うこともないので、状況の突然の変化には対応できない。
変身する際は琉兵衛にガイアメモリを首輪型ガイアドライバーに入れてもらう必要があるが、変身解除は任意で行える。

Wアクセルとも幾度となく対決したが、終盤でメモリブレイクされた後はテラー・ドーパントの出現を受けて逃走。ミュージアム壊滅後フィリップ=来人の「依頼」により翔太郎が保護した。
以後の経緯は上述の通り。

なお、記事の構成上ネタバレ扱いとしているが、作中では第2話で園崎家が全員揃った時点で「ミック=スミロドン・ドーパント」である事は明かされていた。

関連記事

親記事

園咲家 そのざきけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミック(仮面ライダーW)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5897

コメント