ピクシブ百科事典

カラカル・ドーパント

からかるどーぱんと

仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント
第3話「cは何処に」で登場。

結婚詐欺の被害にあいヤケを起こしていた蝶野麻友という女性がネコ科の動物「カラカル」の記憶を宿すカラカルメモリで変身するドーパント。

カラカルの特徴である長い耳にの面を思わせる顔つきをしている。
能力の詳細については不明(というより戦闘シーン自体が無い)だが、劇中では鋭い爪を長く伸ばすような描写があった事から、猫科動物特有の素早い動きで相手を翻弄しながら鋭い爪で引き裂く戦法を得意としているのかもしれない。

初めてドーパントに変身したことと、メモリが不良品だったことが重なり、体に不調が生じて、ドーパントの姿のまま下水道で動けなくなり、街中の猫に助けを求める。
忽然と風都から無数のネコが消えたのは、彼女の悲痛な叫びを聞いて心配してやってきたか怯えて隠れていたからであった。

最終的にはルナトリガーのトリガーフルバーストでメモリブレイクされ人間に戻れた。
事件解決後に、病院でドーパント時代にそばにいてくれた猫のチャオと再会し、涙ながらにメモリの副作用から克服することを誓った。

真相

この事件の本来の依頼は、葬儀中に失踪した猫のチャオを捜してほしいというものだった。
だが、この案件を調べる内に大半の猫がいなくなっているという謎の事件が起きており、その経緯で遭遇することになった。

更に依頼人である中条朱美や巌の遺族が捜しているのは、チャオの首輪に付けられていた「マリーナ・エメラルド」と呼ばれる宝石の方だった。
朱美が言うには18億円もする代物らしく、チャオの本来の飼い主である中条巌の事実上の遺産であり、朱美やその家族はそれを独占する事が真の目的でチャオの事はどうでもよかったのである。

巌は家族に厳しいと説明されていたが、実際は自分が生きている頃から遺産の分配をめぐって争い続ける親族に辟易していただけで、チャオに宝石付きの首輪をあげたのも「ただ喜んでほしい」という一心で、そう思える相手はチャオ以外にはいなかった。

フィリップによって真相を突き付けられつつも、なお醜く争い続ける中条家の人間に激怒した亜樹子は、チャオをもうこれ以上人間の醜い争いに巻き込むまいと首輪を外に走っていたゴミ処理トラックに投げ捨て、チャオを引き取り麻友へ託す事を決めたのだった。

余談

野獣など、括りが大きい他の生物型ドーパントと比べると、非常に細かい種類の動物がモチーフである。

コミックスの説明では、足回りなどが実写では表現できないデザインと称されている。

関連タグ

風都探偵
マスター・シャーフー:モチーフが同じくカラカル。

コメント