ピクシブ百科事典

メガネウラ・ドーパント

めがねうらどーぱんと

「仮面ライダーW」の続編作品、「風都探偵」に登場するドーパントの一種。

「俺の剣をしゃぶりな‼」

概要

 メガネウラ・ドーパントは「風都探偵」の2つ目のエピソード「最悪のm」編に登場するドーパントである。
 古生代に生息していた約70cmの巨大トンボ、「メガネウラ」の力を宿しており、それを人型にしたような姿。ガイアメモリのデザインは正面を向いたメガネウラが手足をMに曲げたもの。
 能力は飛翔能力と尾から巨大な針を飛ばすこと。針は剣のように扱うことができる。そしてWとの交戦の中で、隠れた小翅を一気に振動させることで重圧を起こす能力に目覚める。
 変身者はダーティーゲーマー「マーダー」というハンドルネームを持ち、評判が悪い美原睦夫(みはらむつお)。人気ゲームアイドル風祭メグを酷く恨んでおり、彼女を殺すためにガイアメモリを手に入れた。動機はゲームイベントでメグに喧嘩を売ってゲームで負かそうとしたが、返り討ちにあい大勢の前で恥をかかされたからという非常に下らなすぎるもの。
 メグをメイクアップする役割であるチームメグたんのリーダー、小泉みどりが彼女に嫉妬しており、美原に殺させようとメグに関する情報を密告していた。

 とあるドームでコンサートに出ていたメグを殺害しようと天井に連れていき、殺害しようとしたがメグを守るように依頼を受けた翔太郎に妨害され、彼が変身した仮面ライダーWと交戦する。途中で上記の相手の動きを制限する能力を突然使い始め、フィリップはメガネウラに本来ないはずの能力に戸惑い始める。そして守っていたときめが離れたことにより無防備になったメグを襲撃するも、身を呈して翔太郎が彼女を守ったことにより失敗する。
 その後、彼をドーパントの上位種「ハイドープ」になると睨んだ万灯雪侍に仲間になるよう勧誘される。そしてゲーム会社に居たメグを襲撃しに行き、万灯からもらった謎のサプリを飲み、今度は大量のヤゴを生み出す能力に目覚める。メグをビルに磔にして殺害しようと空へ連れ去るも、彼女を守ろうとしがみついたときめを見て、屈辱感を感じ気が変わり二人ともすぐに殺害しようとする。
 しかし駆けつけたフィリップがファングメモリをけしかけたことによりまたもや失敗。フィリップが変身したファングジョーカーと交戦し、またもや動きを鈍くする能力を使おうとするもフィリップの検索により既に見破られ、隠れていた尾部分の小翅を全部切り落とされて失敗。マキシマムドライブ、ファングストライザーを喰らいメモリブレイクされる。ヤゴも仮面ライダーアクセルに変身した照井竜に一掃された。

 美原はその後逮捕され、警察病院に連れていかれたが、サプリを飲んだ影響故なのかメモリブレイク後も後遺症があまり見られなかった為、照井は彼からメモリの売人の情報が聞き出せるかもしれないと期待していた。
 しかしハイドープになる可能性を期待していたが、(おそらく)ハイドーブにすらなっていない存在に敗北したことで「ハイドープの入り口をウロウロするレベルの人間は『街』に必要ない(ただしここ最近公の場に現れていなかったファングジョーカーの戦いを観察できた事に関してだけは評価していた)」と結論づけオーロラ・ドーパントに変身した万灯に“ゴミ”とのレッテルを張りつけられて口封じのため殺害され、骨だけになってしまった。

関連項目

仮面ライダーW 風都探偵 
ドーパント
スミロドン・ドーパントティーレックス・ドーパントアノマロカリス・ドーパントトライセラトップス・ドーパントケツァルコアトルス・ドーパントアンモナイト・ドーパントマンモス・ドーパントトリロバイト・ドーパントブラキオサウルス・ドーパント・・・他の古代生物のドーパント。

メガギラス 同じくメガネウラをベースとする怪獣。

コメント