2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オーロラ・ドーパント

おーろらどーぱんと

仮面ライダーW続編、「風都探偵」に登場する裏風都の住人の1人、万灯雪侍の怪人態である幹部級ドーパント。
目次[非表示]

「クズは掃除する。エチケットだ。」
「一番人を美しく殺せるのは、この私だ!」

CV:小野大輔

概要

オーロラ・ドーパントとは「風都探偵」に登場するドーパントである。ロード・ドーパント撃破後も健在であった裏風都に潜んでおり、ガイアドライバーrexオーロラメモリを挿して変身する。

変身者は謎の男万灯雪侍(ばんどうゆきじ)。ときめの過去を知っているようであるが…。

オーロラドーパント


姿は真っ黒な人間のようなシンプルな姿で、頭に長いポニーテールのような髪があり、腰にキラキラ輝く布のようなものを纏っている。
だが、両手のみはモチーフと思われるオーロラのような異様なものになっている。
アニメにて全体のカラーリングが判明。紺色のボディを基本に星々のような煌めく模様が表面に浮き上がっており、青と緑のオーロラを模した腰布を巻きつけた神々しくも恐ろしげな雰囲気を持つドーパントになっている。

変身時は不気味ながらも神々しいコーラスのような変身音(?)が流れる。
ドーパントメモリには珍しく変身音があるが、これがドライバーの使用によるものかメモリの特性かは不明

またメモリの方も黄色がかった色で彩色されており、万灯の経歴考慮するとゴールドメモリでほぼ間違いないと思われる。

能力

詳細は不明だが、人間を僅かな骨だけにするほどの威力を持つ怪光線を手から放つことが可能で、伸ばした髪は使って攻撃を防ぐほどの強度を秘めている。また、雪侍自身のハイドープ能力か人知れず建物内に侵入するなど変幻自在な立ち回りを得意とする。


動向

  • 「最悪のm」編

Wメガネウラの戦いを監視し、その中でかつてWと戦ったミュージアムを『旧組織』と称しており、所持するドライバー等から単独犯ではなく、ミュージアムに相当する技術力を持った組織に所属している可能性が高い。
第12話では「街(まち)」と称する組織……と言うより1つの国の選ばれし市民であると発言している。
メガネウラ抹殺後は拠点となった裏風都にて同じくドライバーを装着する同志の「ブラキオサウルス」、「スクリーム」と合流した。

  • 「bたちの宝物」編
ビリー佛田を前述の怪光線で殺害し、挑んできた仮面ライダーWCJXの攻撃を、手を使わず髪だけで防ぎプリズムブレイクも回避して裏風都に撤退した。

  • 「fに感謝を」編
自身が与えたクラブメモリの様子をうかがいに来ていたが、襲われているふうとくんの中の人が襲われそうになった所で変身して彼女を庇い連れ去った。後に変身を解いて彼女に謎めいた言葉を残している。

  • 「異端児d」編
裏風都から造反した出紋大騎/ディープ・ドーパントとの交渉が決裂し白昼堂々の衝突となるが、ディープの能力により逃亡を許し始末に失敗する。
その後Wがディープを撃破した場に裏風都の手勢を率いて現れ、出紋をロードたちに食わせて始末した。

余談

初登場の回のラストで、高い建物の屋上から裏風都を眺めていたが、これは仮面ライダーW本編のOP最初に映る「風都タワーを眺める仮面ライダーW」と同じ構図である。

何故オーロラで人間を骨にする能力なんだと突っ込まれることがあるが、オーロラは電磁波や熱等が揺らめいて光っているもののため、その辺りが上述の怪光線の元ネタと思われる。

コミックス収録のデザイン画の説明では元々のガイアドライバーを装着していたが、後に新型のガイアドライバーrexになったとの事。

関連タグ

風都探偵 裏風都 ときめ(風都探偵) ドーパント

仮面ライダークロスセイバー(及びクリムゾンセイバーフィーチャリングセイバー):ボディの表面が宇宙をイメージしたカラーリングになっており、少し似ている。

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました