ピクシブ百科事典

ブラキオサウルス・ドーパント

ぶらきおさうするどーぱんと

仮面ライダーW続編、「風都探偵」に関する重要なネタバレがあります。注意してください。

「風都探偵」に関する重要なネタバレがあります。注意してください。





































































































概要

『風都探偵』に登場する“裏風都”を拠点として活動する謎の勢力の一員の万灯雪侍の同志である何者かが、“ブラキオサウルス”の記憶を内包したガイアメモリ新型ガイアドライバーを使って変身する上級ドーパントと思わしき怪人。
ドライバーは他と違い胸部あたりにある。

頭部からブラキオサウルスの骨が生えた巨大な姿をしていること以外の詳しい詳細は不明だが、万灯が「暴れたら病院ごと消えてなくなる」といっていた事から、少なくともその巨体を生かした怪力を用いた攻撃手段を持ち合わせている事だけは確かなようだ。

現状判明している姿が通常形態とする人型ではかなり大きいクラスのドーパントにカウントされる。今までの古代生物型ドーパントにも等身大から巨大化するものがいたが、それらは全てモチーフとなった古代生物に似た形で巨大化しており人型のまま巨大なブラキオサウルスは異質であるといえる。

関連項目

オーロラ・ドーパント(万灯雪侍)
スクリーム・ドーパント

ケツァルコアトルス・ドーパント・・・過去に登場した最初から巨大な姿をしたドーパント。

コメント