ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

仮面ライダーWの続編である風都探偵「闇はoの巣」に登場。

王道学習塾塾長の鳥羽音吉が変身したフクロウの記憶を司るドーパントガイアメモリ密売組織「ORIGIN(オリジン)」の元締めで、警察に目を着けられたORIGIN構成員の口封じを続けていた。


名前の通り『フクロウ』のメモリで変身したにもかかわらず、その姿は首無しの白い巨人とフクロウの要素は微塵も感じられない異形となっている。首元からは頭の代わりに木の根のようなものが生えているなど、初見ではモチーフは判然としない。

その巨躯から繰り出す単純な力業を得意とする他、目に見えない凄まじい威力の斬撃を繰り出すのも可能。その凄まじさたるや、食らった人間は痛みを感じる前にバラバラに斬り殺されてしまう程。


能力

「『敵が二匹いた』……だけでは、満点はあげられない」

「なぜなら……そっちもワシだからじゃよ」


実は斬撃は首なし巨人が放っていたのではなく、その異形に気を取られた死角から一羽のフクロウそのものな小型ドーパントが闇討ちしていたものであった。

W達は「2体の特色の違うドーパントが連携して戦っていた」と判断したが、このフクロウこそがオウル・ドーパントの本体であり、首なし巨人の正体はフクロウの「巣」とするドーパントの一部だったのだ。


鳥羽本人が変身するオウル・ドーパントは本物のフクロウを一回り大きくしたような外見をしており、小柄な身体から繰り出す斬撃と、仮面ライダーが視認できないほどの速度で動き回れるほどの飛行能力を持つ。


オウル·ドーパント

更に、フクロウが「巣」の首部分に留まり融合し、ナスカの地上絵のフクロウ人間のような完全態に変貌する。「巣」側も融合によって手脚が鳥の足のように変化し、オウル本体と同様凄まじい斬撃を放てるようになった。

更に手脚や背中から翼を生やすのも可能で、その状態の速度はアクセルトライアルと互角でパワーも上回り、その体躯のままの自在な飛行も可能となる。


最初の戦闘では胴体を操り生身の照井竜を負傷させたが、ルナトリガーの裏技「トリガー・シャインフィールド」によって本体が暴かれると胴体と合体し、仮面ライダーアクセルを高所から突き落とし重傷を負わせた後、「生身の人間を両断する行為に快楽を見出す」ゲスな持論を展開して飛び去った。


その後、あらかじめ翔太郎から指示を受けていたときめによって、逃げていたバンにスパイダーショックを取り付けられ、アジトを知られて捕らえていた少女も救出されてしまうが……?。


















ネタバレ

「全部ナナのせいなんだからぁぁぁぁぁ……!!」


オウル・ドーパントの『巣』、その正体はなんと今回の依頼対象「沖田舞」であり、彼女は本来の使用者である鳥羽により、強制的にメモリを投与され変身させられていた。

すなわちオウル・ドーパント完全体の真の正体は、鳥羽と舞の合成体だったのである。


オウルはステルス性、斬撃と元々高い戦闘力を持つドーパントであったが、彼が変身できるのはフクロウそのままの小型なクリーチャーである為、単純なパワーにだけは欠けていた。

もっと強く大きな肉体を欲した鳥羽は己の欠点を補うべく、『同じオウルのメモリで強靭な肉体の発現を可能とする者』を、自身の塾生から探し出すに至り、その素体にして最高傑作が舞であった。


鳥羽は見た対象のタイプをガイアメモリの"色"で見分けられるハイドープ能力の持ち主である。

舞をオウルの胴体に選んだのも、この能力で彼女がオウルには希少な「黄色」を持っている事実を見抜いた為だった。


合成の仕組みは鳥羽が変身したオウルによって、もう1つのメモリと共に思念波を発して舞を下僕にし、本来の特性である膨大な頭脳領域を使い、舞の肉体を乗っ取り操って自分の配下にしていた(故に鳥羽は胴体=舞を「宿り木」、または「巣」と比喩していた)。

その在り方は仮面ライダーWのドーパント版とも評せられる存在だが、こちらは「同調」ではなく一方的な「支配」に過ぎず、当人も舞を「自分が鮮やかに人を切り刻む為の大切な道具」呼ばわりする始末で、Wとは対照的に絆も信頼もない関係にある。


鳥羽は邪魔をした照井へ報復する為、舞を敢えて放置。教え子である五条一葉/スクリーム・ドーパントと共に搬送先の病院へ赴き、自分共々治療室の舞を強制的に変身させ、照井を依頼人共々、助けるべき相手に殺害させる卑劣極まりない手段を実行しようとした。


既にメモリに精神をやられていた舞は「意識が戻った頃には手が血まみれになっていた」と嫌悪感を吐露しながら、照井を遥か階下へ吹っ飛ばし、鳥羽に乗っ取られて今回の依頼人である「逢瀬奈々」や亜樹子を殺そうとしたが、殺したはずの照井が再び立ち上がり……。


照井は執念で立ち上がり、アクセルに変身するが先のダメージで満身創痍であった。

オウルは止めとばかりにアクセルを掴んで落下攻撃で殺そうとするも、飛来したエクストリームメモリから何かが射出される。それはフィリップの手によりアクセル用に調整された『ガイアメモリ強化アダプター』で、落下しながらもアクセルメモリに装填したアクセルはアクセルブースターに進化。

これにより、オウルの独壇場だった『高速の空中戦』のアドバンテージが崩壊。激しい空中戦の末にアクセルのマキシマムドライブを喰らい、まずは胴体側の舞がメモリブレイクされる。


一方の鳥羽は咄嗟に変身を解除してブレイクを避けており、本体を仕留め損ねた照井らを嘲笑うと再び変身して逃亡を目論む。

だがファングジョーカーが土壇場でメモリチェンジしたファングトリガーの必殺技「ファングスクリュードル」が命中し、あえなくメモリブレイク。そのまま海面へと叩き落され、今度こそオウルは完全に倒されるのだった。


事件後、舞は単に操られていた為かメモリの毒素の影響が低く、直に回復すると判明したが、鳥羽は頭脳領域を酷使した反動か意識不明となり、ORIGINは壊滅したものの裏風都の情報は得られなかった。


余談

バードナスカ等、同一のメモリを使って姿が若干変化したケースは今までにもあったが、それぞれの使用者が外見や性質のまったく異なる姿に変身したのは、このドーパントが初めてとなる。

特に舞側はフクロウの『巣』の習性を具現化した姿に変身している事態から、ガイアメモリの宿した『地球の記憶』が非常に幅広いものである事実を示す好例だと言えよう(フィリップによれば「最初にメモリと共に思念波を打ち込めば、手足のように動かせる下僕になる」ため、最初に打ち込まれる思念波によって『巣』の習性を具現化した姿に変身している可能性がある)。


関連タグ

ドーパント  フクロウ


ゾーン・ドーパント:同じく、小型の非人間型フォルムへ変身するドーパントで、演者は後にフクロウの怪人にも変身している。


親子丼・ドーパント:こちらは2つの記憶が内蔵されたメモリを使い、メモリ二本分の力を発揮していたドーパント。


バード・ドーパント:舞が奈々からガイアメモリを教えられた際、スマホでこのドーパントのメモリの写真を見せられていた。

  • 未成年者が変身する。
  • 複数の変身者がいる。
  • 鳥のドーパント。
  • トリガーメモリを使ったWにメモリブレイクされる。
  • このドーパントの登場した第18話で照井が初登場する。

等、オウル・ドーパントと共通点が多く、この事件を暗示していたと思われる。


アルコール・ドーパント:思念を込めたガイアメモリで他の使用者を操っていた老人繋がり。目的は異なるがこちらも自分のメモリと相性が良い人間を探していた。

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました