ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

地底の民ビクトリアンに代々伝わるアイテム。第1話でキサラ女王からショウに授けられた。
メインカラーは赤。柄部分にギンガスパークのスパークリーダーに相当する部分があり、ここでライブサインを読み込むことができる。
音声はギンガスパーク等に比べると野太い。ギンガスパーク同様に武器としても使用できる変身アイテムだが、ギンガスパークが変身後の武器として使用されたのに対し、こちらは変身前専用の武器として扱われている。

下記の2モードがある。

ガンモード

通常持ち歩く際の形態。拳銃を模しており、光弾を放って武器として使うことも出来る。
更にスパークドールズを読み込むことで「ウルトライブ!Go!(怪獣の名前)!」と発声され、その怪獣の力を宿した光弾を射出するモンスシューターという能力を発動する。

ただし、『ウルトラマンギンガS』本編でのモンスシューター使用例は少なく、第2話でEXレッドキングを射出してエレキングを怯ませたほか第7話ではグドンを射出したがガンQに吸収されてしまった。
一方、『ウルトラマンX』での客演時には活躍しており、第13話ではEXレッドキングを射出してモルド・スペクターを牽制し、続く第14話ではキングジョーカスタムを射出してシャプレー星人を撃破している。

ランサーモード

槍の形状をした、変身時に使用する形態。槍の先端部分にビクトリーの顔を模した金色の彫像があり、変身時に展開される。
中から出現したビクトリーのドールズを読み込むと変身し、怪獣のドールズを読み込むと「ウルトランス!(能力名)!」の発声と共にウルトランスが発動する。

余談

デザインは剣をモチーフとしたギンガスパークの対比として、銃への変形ギミックが盛り込まれた。ランサーモードはギンガスパークと似た雰囲気となっているが、銃口でリードするとスパークドールズを撃ってしまうような印象に見えてしまい、ギンガスパークと変わりすぎると同じウルトライブをするアイテムに見えないことからデザインし直し、突起を中央部分に作り、そこでウルトライブをするものとなった。ビクトリーのカラーリングをベースに、赤を強調してまとめており、変形時のガイドとして金色の細いライン部に色を変えている。

関連記事

ウルトラマンギンガS ギンガスパーク 変身アイテム

関連記事

親記事

ウルトラマンビクトリー うるとらまんびくとりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビクトリーランサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1600

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました