ピクシブ百科事典

マイティ・ソー/バトルロイヤル

まいてぃそーばとるろいやる

2017年公開のスーパーヒーロー映画。「マイティ・ソー」シリーズ第3作。
目次[非表示]

解説

正式な邦題は「マイティ・ソー バトルロイヤル」で、過去2作のようなシリーズタイトルと副題の間に半角スラッシュ(/)がつかない。

MCU第17作、「マイティ・ソー」シリーズ第3作。

タイカ・ワイティティが監督を務め、主人公・ソーがファンタジー世界と現代社会の2つを行き来するローファンタジーな過去2作と異なり、宇宙を舞台にしたSFかつコミカルな演出が盛り込まれた、今までの「マイティ・ソー」のイメージを覆す一作となった。
主演のクリス・ヘムズワースもこうした方向転換を「ソーの新たな可能性を創り出した」と絶賛しており、一時は考えていた「ソー卒業」を翻意。
いわゆるビッグ3(マイティ・ソー、アイアンマンキャプテン・アメリカ)で唯一、単独映画の第4作の製作が決定している
勿論、監督はワイティティである。

メインヴィランはコミックにも登場するヘラ
後のMCU作品にも登場する初登場キャラクターとして、ヴァルキリー、コーグがいる他、ドクター・ストレンジが登場した。
一方で、これまで「マイティ・ソー」シリーズのレギュラーであって、オーディンやウォーリアーズ・スリーは、本作で退場となってしまった。

原題は「Thor: Ragnarok」。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(原題「Guardians of the Galaxy Vol. 2」)」に続いて現代と邦題が大きく乖離していることに対し、日本のファンからは多くの批判が寄せられた。
それに対し、MARVELコミックスのバイスプレジデント・C.B.セブルスキー(MARVELと日本の繋ぎ役の一人であり、東京コミコンなどで何度も日本に来ている)は、「日本では『ラグナロク』は一般的な言葉ではないので、『マイティー・ソー バトルロイヤル』と呼ばれるよ!」と自身のインスタグラムで発言している。

あらすじ

エイジ・オブ・ウルトロン』後、アスガルド、ミッドガルド以外の7つの世界を巡り、インフィニティ・ストーンを探していたソーは、ムスペルヘイムのスルトを倒し、アスガルドに帰還した。
だがアスガルドはオーディンに化けた義弟・ロキが支配しており、ビフレストの番人ヘイムダルは放逐され、オーディンは地球の老人ホームに預けられていた。
ロキの正体を暴いたソーは地球へ向かうが、オーディンが入れられていたホームは潰れていた。そんな彼らをドクター・ストレンジが助力し、2人はノルウェーでオーディンを見つけるも、オーディンはすでに力を失っており、2人の前で消滅してしまう。
その直後、オーディンによって封印されていた姉のヘラが復活。
ヘラは圧倒的な力でソーとロキを攻撃、慌ててビフレストで撤退しようとするも、ヘラの追撃でソーはビフレストからはじき出されてしまう。
気を失ったソーが目を覚ましたのは、グランドマスターが支配する惑星サカール。
そこでは、かつてアベンジャーズの仲間として共に戦ったハルクが、闘技場のチャンピオンとして君臨していた……。

キャラクター


関連タグ

MCU MARVEL

関連記事

親記事

MCU まーべるしねまてぃっくゆにばーす

兄弟記事

コメント