2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

MCU作中でのキーアイテム。原作コミックにおけるインフィニティ・ジェムに当たる。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でのコレクターおよび『インフィニティ・ウォー』でのウォンによると、

  • 宇宙の始まる前には6つの特異点が存在し、その特異点からビッグバンが起こって宇宙が誕生した。
  • その後、6つの特異点の残滓はエネルギーの結晶となった。
  • 1つでも容易に惑星を消滅させる力を持つそれらの結晶を、6つ全部揃えたものは宇宙を支配する力を得られる。
と説明されている。
また共通の特徴として、原作でブルース・バナーハルクに変えたガンマ線を常に放射している。
このように一般人にはとても扱えない代物なので、直接触れることができないよう、ほとんどのストーンがアイテムの中に納められている。

『エンドゲーム』においてエンシェント・ワンが語ったところによると、ストーンは6つ健在の状態で世界の均衡を保っており、一つでも欠けるとバランスが崩れ、世界の分岐が生じる危険がある。

フェイズ1~3は巨大な力を持つこのストーンの存在と、それを狙う勢力との戦いが共通のテーマとなっているため、まとめて『インフィニティ・サーガ』と呼ばれている。

一覧と来歴

初登場した映画の公開順。各作品のネタバレを含むので注意

スペース・ストーン

原語名Tesseract
別名・別形態コズミックキューブ / 四次元キューブ
能力空間の操作
  • ワームホールの生成、自他問わない瞬間移動、空間固定による拘束等

来歴:

遥か昔オーディンが地球に隠したが、第二次大戦時にレッドスカルが発見。ヒドラの勢力拡大に利用するも、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ達の奮闘によって阻止される。その後、ハワード・スタークトニー・スターク/アイアンマンの父親)が回収。

「ペガサス計画」に基づき、当時の"S.H.I.E.L.D."がウェンディ・ローソンことクリー人の科学者マー・ベルに預け、新エネルギーの研究に利用されていた。クリー人との争奪戦の末に“グース”と呼ばれる猫(のような姿をした宇宙生物)が飲み込んでその体内に収まることとなり、そのまま"S.H.I.E.L.D."に回収され、厳重に保管されることとなった。

エンディングで、"S.H.I.E.L.D."長官ニック・フューリーがソーの友人エリック・セルヴィグに研究を依頼する。

全編通してのキーになるが、最終的にソーロキとともにアスガルドへ持ち帰った。

終盤ロキがアスガルドの宝物庫で発見。意味深に見つめ…

案の定、ロキが回収していたことが分かった。冒頭サノスがロキを脅して奪い取り、キューブを破壊。中のストーンを取り出しガントレットに嵌め込んだ。

マインド・ストーン

原語名Scepter
別名・別形態 / セプター
能力対象者に対しての洗脳

来歴:

  • アベンジャーズ
四次元キューブ回収のためサノスからジ・アザーを介し、ロキに貸し与えられたが、ロキがアベンジャーズに敗北した結果、"S.H.I.E.L.D."が回収した。

"S.H.I.E.L.D."を乗っ取ったヒドラに奪われており、ある双子の人体実験に使われていた。

冒頭でアベンジャーズが確保。紆余曲折を経て、ストーンの状態でヴィジョンの額に収まることとなった。その下での能力は当該記事参照。

  • インフィニティ・ウォー
サノスにストーンを狙われていることを知ったヴィジョンは破壊を進言するが、それだとヴィジョンも死亡するためワンダたち仲間は反対。そこでワカンダの超技術により、ヴィジョンを殺さずストーンを取り外しその後破壊する作戦を立てたが、その最中にサノス軍が襲来。終盤ヴィジョンの頼みでワンダが破壊したが、サノスが手に入れたタイム・ストーンで時間を巻き戻し、爆散したヴィジョンごとストーンを蘇らせた上で、額からストーンをもぎ取った。

リアリティー・ストーン

原語名Aether
別名・別形態エーテル
能力発生する赤い雲状の物体による、現実の改変
  • 惑星一つの状態を丸ごと改変する、人体を細切れやリボン状にしてしまう等

来歴:

ダークエルフのリーダーであるマレキスがその能力を使い、宇宙を闇に染めようとしたが、その企みはソーの祖父であるボーによって防がれる。その後、人知れない場所に安置していたが、空間が不安定になった際に偶然迷い込んだジェーンが体内に吸収してしまう。
最終的にアズガルドが回収するも、上記の四次元キューブが既に保管されていたので、透明な円柱状のケースに入れた状態でコレクターが預かることとなる。

  • インフィニティ・ウォー
ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの面々がサノスに奪われる前に手に入れるべくノーウェアを訪れた際には、既にサノスがコレクターから強奪していた。

パワー・ストーン

原語名Orb
別名・別形態オーブ
能力肉体強化エネルギーの放射や操作
  • ただし石を直接握ると、ごく一部の者以外はそのエネルギーに耐えられずに消滅してしまう

来歴:

惑星モラグの遺跡に安置されていたが、スターロードが盗み出す。その後全編を通しての争奪戦が行われ、最終的にはノバ軍が保管することとなった。

  • インフィニティ・ウォー
物語開始時点ですでにサノスの手に渡っていた。ノバ軍の拠点であるザンダー星はサノスに全滅させられたことが語られている。

タイム・ストーン

原語名Necklace
別名・別形態アガモットの眼ネックレス
能力時間操作
  • 無限ループの形成、様々なパターンの未来視等

来歴:

古くから魔術師達の聖地、カマー・タージで保管されてきたものをストレンジが使用し、最後の闘いでも重要な役割を果たす。最後には、再びカマー・タージで保管されることとなった。

  • インフィニティ・ウォー
ストレンジが持ち歩いている。サノスと戦う前にこの石の力で1400万605通りもの結末を見て、その中からたった一通りの勝利の道筋を見つけたが、サノスとの戦いの末、自らストーンを明け渡した。

ソウル・ストーン

別名・別形態なし
能力不明
  • 他と比べて非常に強力な存在であることだけは判明している

来歴:

  • インフィニティ・ウォー
長らく未登場だったが、ガモーラがサノスに捜索するよう命じられ、惑星ヴォーミアにあることを突き止めていたことが判明。ネビュラを人質にガモーラから在処を聞き出したサノスは、ガモーラとともにヴォーミアを訪れた。
ストーンを手に入れようとする者を監視するストーンキーパーから「愛する者を犠牲にしなければ手に入れられない」と言われたサノスは少しの逡巡の末、ガモーラを崖下に落として殺し、ストーンを手に入れた。











『エンドゲーム』

冒頭で、サノスが『インフィニティ・ウォー』での指パッチン後にストーンを全て破壊したことが発覚。
消えてしまった人々を戻す方法が見つからないまま5年が経過したが、『アントマン&ワスプ』のラストで量子世界に取り残されたスコット・ラング/アントマンが帰還したことで事態は動き出す。
量子世界と現実世界の流れが異なることを利用し、過去に戻ってストーンを集める「タイム泥棒」作戦が立てられた。

  • スペース・ストーンマインド・ストーン
『アベンジャーズ』終盤のニューヨークにタイムスリップしたスティーブ、トニー、スコットにより回収され、後は持ち帰るだけ… だったが事故により、連行中だったロキがスペース・ストーンを用いて逃亡
スコットは単身マインド・ストーンを持ち帰り、スティーブとトニーはさらに過去の1970年(『ファースト・アベンジャー』と『キャプテン・マーベル』の間)にタイムスリップ。途中それぞれのとニアミスしつつ回収した。

  • タイム・ストーン
上記と同時にタイムスリップしたブルース/ハルクが、当時所持していたエンシェント・ワンとの問答の末に、借り受ける形で回収。

  • リアリティー・ストーン
『ダーク・ワールド』中盤のアズガルドにタイムスリップしたソーとロケットラクーンが、ジェーンから回収。

  • パワー・ストーン
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』冒頭でスターロードが盗んだ直後に、タイムスリップしてきたローディ/ウォーマシンとネビュラが強奪。

  • ソウル・ストーン
上記と同時にタイムスリップしたクリント・バートン/ホークアイナターシャ・ロマノワ/ブラック・ウィドウがヴォーミアを訪れる。最終的にナターシャが犠牲となり、手に入れたクリントが持ち帰った。

集めたストーンを科学組が独自に作った「ナノ・ガントレット」に嵌め込み、ストーンが常に放射しているガンマ線に耐性を持つブルースが指パッチンを行った。

ナノ・ガントレットの記事も参照

そしてサノスとの決着後にスティーブがそれぞれ各時点に返却した

フェイズ4以降

『エンドゲーム』後のMCU本流の世界(アース-199999)においては、インフィニティ・ストーンはサノスに破壊されたままであるため、登場はしていない。
ただし、『エンドゲーム』においてエンシェント・ワンが語った「ストーンの欠落による時間の流れの分岐」などが起こっていないことを考えると、破壊された(粒子の状態になった)だけで、消滅はしていないと考えられる。

また、フェイズ4以降に取り上げられている「マルチバース」の概念においては、他の世界のストーンは健在である。

ロキ

時間軸を監視する組織・TVAにおいて特に珍しくもないものとして登場。
なんと「文鎮として使ってる奴もいる」というくらい、ありふれたものとして扱われている。
原理は不明だがTVA本部では無力化されてる模様

ホワット・イフ...?

第8話において描かれた、ウルトロンに支配された世界においては、ウルトロンがサノスをも瞬殺し、すべてのストーンを獲得して宇宙全体を支配している。
その後、他の世界(マルチバース)を認識し、侵攻を開始したウルトロンに対抗すべく、ガーディアンズ・オブ・マルチバースが結成され、戦いの末、ウルトロンの肉体を奪ったアーニム・ゾラキルモンガーが、意志によって吸い寄せられるストーンの特性をもって奪い合う状態で、ドクター・ストレンジの結界に封印された。つまり、ストーンは破壊されていないままになっている。

考察

ちなみにソウル・ストーンについての多くが明かされていなかった頃、各アイテムの原語版での名称の頭文字を並べ替えると「T?ANOS」になる事から、ファンからは「未公表のソウル・ストーンのアイテムはHから始まる名称になるのでは」と推測されていた。
だがソウル・ストーンはアイテムに納められていなかったので、この説は最終的に否定された。

元ネタとなったインフィニティ・ジェムの一つに「エゴ・ジェム」があることから、「エゴ・ストーン」もあるのではと推測するファンも多い。

関連タグ

MCU インフィニティ・ガントレット サノス

関連記事

親記事

インフィニティ・ガントレット いんふぃにてぃがんとれっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「インフィニティ・ストーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2977

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました