ピクシブ百科事典

ヴィジョン

ゔぃじょん

ヴィジョンとは、マーベルコミックス『アベンジャーズ』のキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 視界視野のこと。ビジョン
  2. マーベル・コミックである「アベンジャーズ」のキャラクター。ここでは2について説明する。


概要(原作コミック)

ウルトロンによって作られたアンドロイド
機械であるにもかかわらず、自己犠牲の精神と優しい心を持っているため、ウルトロンを裏切ってアベンジャーズに加入する。人間を超える身体能力や飛行能力に加え、分子の密度を自由に変えられる特殊なボディを持ち、透明になったり物体をすり抜けたりといった事も可能。また額のソーラー・ジュエルからは超高温の熱線を発射できる。
スカーレット・ウィッチとは、機械人間の壁を越えて結婚していたが、彼女の能力の暴走により死亡。現在はちゃんと(?)復活した。それどころか、最近出た個人誌の中では自分の分身を作って疑似家族とし、ワシントンD.C.郊外の住宅地に引っ越してきた。

映画(MCU)版

ポール・ベタニーが演じる。
映画(MCU)版では、『アベンジャーズ』シリーズの第2作である『エイジ・オブ・ウルトロン』から登場。ウルトロンが自分の新たな肉体用として密かに作らせていた人工生体ボディに、ある人物(ネタバレ注意)が自身のデータをインストールすることで誕生した。
ウルトロンが「自分の理想(ヴィジョン)」とまで呼ぶビブラニウムを分子レベルで練り込んだ究極のボディに加え、6つ揃えれば宇宙をも支配可能な力を秘めたインフィニティ・ストーンの一つ「マインド・ストーン」を額に埋め込んでその力の源としており、その能力はアベンジャーズの中でも最強クラス。また人格の元が元だけに心に「邪念」が一切なく、ソー以外には持ち上げられないはずのミョルニルもすんなりと持っていた(さすがに戦闘でそれを使用する機会は無かったが)。
ウルトロンに対する最終決戦でも、彼を圧倒するほどの活躍を見せている。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でも登場。原作同様、ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)との間で恋が生まれる兆しが現れているが、やがてソコヴィア協定に反してキャプテンの側に付き戦おうとする彼女を制止すべく、彼女達の前に立ちはだかる。
前作での強さはここでも健在で、劇中のクライマックスの一つである空港での戦いでもその実力を存分に発揮している(だがこの戦闘の最中、彼の放った攻撃がある悲劇を招いてしまう事に……)。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では正式にワンダの恋人となり、ヒーロー活動から距離を置いて同棲生活を送っていたが、彼の額のマインド・ストーンを狙うサノスにより刺客が仕向けられる。
ビブラニウム製の肉体すら切断する彼等の不意打ちを受け、深手を負うと共に「サノスには絶対に勝てない」事を悟った彼は、サノスの手に渡る前にマインド・ストーンを破壊することをキャプテン達に進言する。
だが、それは同時に彼の死をも意味していた……。

関連イラスト

赤い方のやつ
AoU円盤購入&観賞記念Vision



関連タグ

MARVEL
MCU
アベンジャーズ
アイアンマン
スカーレットウィッチ

関連記事

親記事

アベンジャーズ あべんじゃーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィジョン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158525

コメント