ピクシブ百科事典

J.A.R.V.I.S.

じゃーゔぃす

映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」のキャラクター。トニー・スターク/アイアンマンのサポートAI。
目次[非表示]

解説

声:ポール・ベタニー、日本語吹替え:加瀬康之

トニー・スタークが生み出した最新鋭の人工知能である。
原作コミックにおけるトニーの執事エドウィン・ジャーヴィスがモデル。

トニーの専らの話相手であり、原作のような執事に相当する役割も果たしている。
正式名称は「Just A Rather Very Intelligent System」(単なるちょっとした凄くお利口なシステム)であり、その頭文字を取って、J.A.R.V.I.S.という名前になっている。

人工知能であるが故、基本的には単調な物言いだが、親ともいえる製作主のトニーに似たのか、後述のモデルとなった人物の影響なのか、時には会話に皮肉を交えたりもする。

映画版『アイアンマン』シリーズや、『アベンジャーズ』シリーズに登場し、ポール・ベタニーが声を担当した。その為か、参照画像のような「スーツを着たベタニー」というビジュアルイメージで擬人化されたジャーヴィスのファンアートが非常に多い。

ぎゃああああああ〜!!!
J_A_R_V_I_S_
「トニー様は私が守ります」


pixivでこのタグが付いているイラストは、ほぼ100%映画版設定で描かれている。

そして、『エイジ・オブ・ウルトロン』では上記のファンアートで描かれている内容が意外な形で実現することとなった

アイアンマン

トニーのアイアンマンスーツ製作をサポートする。

アイアンマン2

こちらでも、トニーのヒーロー活動をサポートする。

アベンジャーズ

スターク・タワーも登場するため、多少登場する。

アイアンマン3

こちらでもトニーをサポート。自宅を襲撃されてスーツが半壊したときは、トニーをサポートできなくなった。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

トニーのみならず、アベンジャーズのメンバー全員をサポートしている。
だが、トニーとブルース・バナーが作った平和維持用プログラム「ウルトロン」が、マインドストーンの影響で自我を持ったため、彼を止めようとするも逆に破壊されてしまう

そのまま消えてしまったかと思われたが、オスロにあるネットワークの中枢「ネクサス」に逃げ込んでいたことが判明。
さらに、ウルトロンが核ミサイルを発射しようとしていたことを察知し、その防衛までしていた。

ウルトロンを打倒するため、トニーはウルトロンが作ったビブラニウム製のボディにJ.A.R.V.I.S.をインストールすることを提案し、J.A.R.V.I.S.もそれに同意した。
だが、結果として生まれたのはヴィジョンであり、そこに宿った自我はウルトロンでもなければJ.A.R.V.I.S.でもなかった(その証拠に、トニーに対する態度はJ.A.R.V.I.S.のそれとはまったく違う)。
これによって、J.A.R.V.I.S.は完全に消滅し、ヴィジョンに変貌したと言える。

それ以降、フライデー(F.R.I.D.A.Y.と呼ばれる人工知能が代わりにトニーをアシストすることとなる。

関連タグ

表記ゆれ:ジャーヴィス ジャービス JARVIS

関連記事

親記事

エドウィン・ジャーヴィス えどうぃんじゃーゔぃす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「J.A.R.V.I.S.」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「J.A.R.V.I.S.」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました