ピクシブ百科事典

目次[非表示]

さらば――アイアンマン。

解説

2013年4月26日国内公開、2013年5月3日全米公開。
監督は、前2作を担当したジョン・ファヴローに代わり、シェーン・ブラックが務めた(ちなみに、ファブローは以降のMCU作品でも引き続き俳優として出演を続けている)。

MCU第7作かつフェイズ2の第1作。「アイアンマン」シリーズ第3作(最終作)。

アベンジャーズ』を経て「アーマー依存症」に陥いるとともに、第1作で関わった犯罪組織「テン・リングス」からの脅威に晒されるトニー・スタークの戦いが描かれる。

いわゆるビッグ3(アイアンマン、キャプテン・アメリカソー)の中では最も早い完結編であり、以後のトニーは他のヒーローの単独作品や「アベンジャーズ」シリーズで活躍していくことになる。

あらすじ

1999年、トニーがアイアンマンになる前、トニーは無名の科学者アルドリッチ・キリアンから誘われ、一時は話をすることを約束するも、それをすっぽかしてしまう。

2013年、ニューヨーク決戦を経て40を超えるアイアンマン・スーツを作成し続け、不眠症にもなってしまった「アーマー依存症」状態のトニーからスターク・インダストリーズのCEOを任せられたペッパーの前にキリアンが現れる。それを不審に思ったハッピーはキリアンを追跡するが、彼の同行者と浮浪者の取引を目撃、さらに浮浪者が自爆し、ハッピーは重傷を負って昏睡状態となってしまう。

浮浪者の自爆は、昨今アメリカを騒がせているテロ組織「テン・リングス」の仕業だった。怒れるトニーはテン・リングスを挑発。その結果、トニーの邸宅はテン・リングスに襲撃されてしまう――

キャラクター


余談

実はマンダリンと思われていた男:トレヴァー・スラッタリーはただの役者であり、テン・リングスの真の黒幕はキリアンであった。
しかし、キリアンは本作で死亡したため、この時点でテン・リングスは崩壊した……と思われていた。

その後、2021年公開の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では再度テン・リングスが登場し、主人公であるシャン・チーの父親:シュー・ウェンウーがリーダーとされている。
実は本作のテン・リングスはあくまで名前を騙った偽物に過ぎず、『テン・リングスの伝説』に登場するのが本物のテン・リングスだったのである
首魁のシューは一介の犯罪組織が自らの組織の名を名乗ったことに当然ながら憤慨しており、マンダリンという名前についても「マンダリンオレンジでも食べながら思いついたんだろう」と辛辣なコメントを残していた。

なお、偽物であることが判明しているのは『3』に登場したテン・リングスであり、それ以前の第1作『アイアンマン』にて、スーパーヴィランのアイアンモンガーと共謀したテロ組織テン・リングスが本物と偽物のどちらの流れをくむ組織だったのかは不明である。

関連タグ

MCU

BACKNEXT
アベンジャーズ公開順マイティ・ソー/ダーク・ワールド
アイアンマン2シリーズ-
アベンジャーズ時系列アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

関連記事

親記事

アイアンマン(映画) あいあんまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アイアンマン3」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アイアンマン3」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4832

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました