ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. コミックおよびドラマ「エージェント・カーター」に登場する人間のキャラクター。→本項で説明。
  2. 実写映画に登場する、1をモデルとする人工知能のキャラクター。→J.A.R.V.I.S.


概要(原作コミック)

トニー・スタークの父であるハワード・スタークの代からスターク家に仕える老執事であり、トニー / アイアンマンアベンジャーズに参加してからは、アベンジャーズ・マンション(アベンジャーズの本部兼住居であり、元々はスターク家が所有する邸宅)の執事として活躍している。

MCU

演:ジェームズ・ダーシー、日本語吹替:井上倫宏

トニーではなく、父親のハワード・スタークの執事として登場する。
のちにトニーの家庭教師となり、彼が作った人工知能J.A.R.V.I.S.に影響を与える。
『アイアンマン』の時代では、既に亡くなっているのか、登場しない。

ドラマ「エージェント・カーター」(Marvel's Agent Carter)

キャプテン・アメリカの想い人だった女性軍人であるペギー・カーター(映画では、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に登場した。)を主人公としたマーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズである「エージェント・カーター」(アメリカのテレビ局であるABCの製作で、2015〜16年に放送されていた。)において、スターク家の執事であるエドウィン・ジャーヴィスが登場する。

無実の罪に問われたトニーの父であるハワード・スタークを救うため、ペギーと協力して事件を解決するために活躍する。

アベンジャーズ/エンドゲーム

1970年にタイムスリップしたトニーが、当時のハワードと出会い、別れる際に登場。
ハワードから「(トニーを指して)どこかで会ったかな?」と問われると、「毎日、大勢と会ってらっしゃいますから」と答えた。

なお、ドラマが初出であり、その後に映画に登場したキャラクターは、エドウィン・ジャーヴィスが初めてである。

ピクシブでは

コミックに登場する老執事のジャーヴィスやドラマでのジャーヴィスはほとんど見られず、J.A.R.V.I.S.擬人化したものがほとんど。

関連タグ

MARVEL MCU アイアンマン トニー・スターク ヴィジョン アベンジャーズ

アルフレッド・ペニーワース(マーベルのライバル、DCコミックに登場するバットマン/ブルース・ウェインの執事。なお、コミック版の派生世界の1つであるアルティメット・ユニバース(アース1610)のジャービスには「アルフレッド」と云う名前の同業者の知合いが居るらしいが……??)

関連記事

親記事

アイアンマン あいあんまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エドウィン・ジャーヴィス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エドウィン・ジャーヴィス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154

コメント