ピクシブ百科事典

アルフレッド・ペニーワース

ばんのうしつじさん

アルフレッド・ペニーワースはアメリカンコミック「バットマン」に登場する人物である。初登場は1943年の「Batman#16」
目次[非表示]

概要

ブルース・ウェインの父親の代からウェイン家に仕える忠実な執事であり、ブルースのもう一つの顔、バットマンの留守を守る。
代々ペニーワース家はウェイン家の執事として仕えてきており、父親のジェイヴィスは先代執事で、彼が亡くなったために跡を継ぎ、ブルースの両親であるトーマスとマーサに仕えてきた。
しかし、若き日には母親と同じ演劇の道を志していた他、戦争中に軍医として従軍するなど多彩な経歴を持つ。
さらに派生作品などでは元・英国特殊空挺部隊(SAS)だったり、英国王室直属のシークレット・エージェントだったりと、とんでもない肩書きまで加わっているものもある。

それらの経験を活かし、ウェイン家の壮大な屋敷の運営、バットケイブの管理やバットマンが使うバットモービルや機器を常に最高の状態に保つ仕事を任されている。
更にブルースの身の回りの世話からバットファミリーの心身のケアも一手に引き受けるスーパー執事
と言うか、「バットマン」と言う物語には欠かせない名バイプレーヤーである。

両親を亡くしたブルースの父親代わりであり、彼の身を誰よりも案じている。
少々皮肉屋で、ブルースが犯罪と戦う道を歩ませてしまった事を少し後悔している。

トリビア

ビジュアルチェンジ

作品群によってそれぞれ描写が異なる物の、細身で整えられた口髭がトレードマーク、生真面目で少し抜けたところのある英国紳士のアルフレッド。
しかし初登場時はアルフレッド・ビーグルという名前のずんぐり体系の髭を剃ったお調子者であった。
今日のアルフレッドが確立された切っ掛けは1943年の連続活劇バットマンである。
ウィリアム・オースティン演じるアルフレッドを編集担当者が気に入り、翌年のコミック版から映画版と同じようなキャラクターに変更された。
ちなみに、この連続活劇バトマンは第二次世界大戦中ということもありアメリカのエージェントとなったバットマンが日本のエージェントと戦うという内容で、日本人差別がふんだんに散りばめられていた。

死とアウトサイダー

シルバーエイジにアルフレッドはグラスホッパーギャングの攻撃からバットマンとロビンを救うために命を落としている。
その後、バットマンとロビンの前に謎のヴィラン、アウトサイダーが登場するがその正体はアルフレッドだった。
ブランドン・クロフォード博士が製作した細胞再生装置により蘇生させられたアルフレッドだが、装置に狂いがあったためにその姿は変異してしまった上に、彼のバットマンたちへの忠誠心が反転してしまったのだった。
アウトサイダーにはテレパシーテレキネシスなどの超能力があったが、バットマンの活躍で元の姿に戻った際は能力は失われた。
また善悪が逆転した世界、アース3では姿こそアルフレッドのままだがヴィランのオウルマンに忠実な執事のアウトサイダーとして登場する。

実は子持ち

プレクライシスの世界観において、アルフレッドはフランス人レジスタントのマドモワゼル・マリーと恋愛関係にあった。
彼女との間に娘のジュリア・レマルクを儲けるがこの設定はオミットされていた。
現在の設定では英国のエージェントであった頃に結婚し、ジュリア・ペニーワースを儲けるも結婚は上手くいかず離婚したということになっている。

実写映画版で演じた俳優

俳優主演作品
マイケル・ガフティム・バートン&ジョエル・シュマッカー版
マイケル・ケインダークナイト・トリロジー
ジェレミー・アイアンズDCエクステンディッド・ユニバース


ティム・バートン&ジョエル・シュマッカー版ではマイケル・ガフ、クリストファー・ノーラン版(ダークナイト・トリロジー)では「ハリー・パーマー」シリーズでお馴染みのマイケル・ケイン。
共に父の側面を持つ忠実な執事を演じている。
そして、DCエクステンディッド・ユニバースにおいては、ダイ・ハード3の悪役が映画ファンに印象深いジェレミー・アイアンズが演じるなど、いずれも劣らぬ名優揃いである。
そして、皆一堂にイギリス人である。

関連タグ

バットマン 執事 DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団
ジャーヴィス(DCコミックスのライバル、マーベルに登場するアイアンマン/トニー・スタークの執事)

pixivに投稿された作品 pixivで「アルフレッド・ペニーワース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110961

コメント