ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウィップラッシュ

うぃっぷらっしゅ

「ウィップラッシュ」とは、MARVELコミック原作『アイアンマン』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

概要(原作コミックでの設定)

本名マーク・スカーロッティ。特殊なムチを操るヴィランであり、アイアンマンのライバルの1人でもある。


現在マークはブラックラッシュに改名しており、リーアン・フォアマンなる人物が二代目となったり、ソ連の科学者で、自作のアーマー『クリムゾン・ダイナモ』を装着しているアントン・ヴァンコが後継者になった事もある。


アントン・ヴァンコはその後、アイアンマンに挑むが、和解して亡命・スターク社のスタッフとなる。しかし、KGBの刺客ボリス・ツルゲネフがクリムゾンダイナモを奪い、アントンはアイアンマンを守るためボリスと相討ちになり死亡。その後、アントンが遺した技術によって『チタニウムマン』が開発され、クリムゾンダイナモともども複数のバージョンアップ機が登場している。


映画(MCU)版

ウィップラッシュ

映画(MCU)版では、『2』にてヴィランとして登場。ただし、本名がイワン・ヴァンコという名前に変更されている。往年の俳優ミッキー・ロークが演じた。


素面を晒して素肌の上にギアを装着した姿が特徴的で、pixivに投稿されているものはこのバージョンが大半。


かつてハワード・スターク(トニーの父)の共同研究者であった父のアントン・ヴァンコが米国在住時にスパイ容疑で逮捕・追放され、それ以降ずっと貧困生活を余儀なくされていた。スターク家を逆恨みし、父の死後に遺された資料から自らの手で小型のアークリアクターを作り上げ、それを動力源とする電流を纏い車も容易に切断する特殊なムチ“エレクトリカル・デス・ウィップ”を装備した簡易アーマーを開発。アイアンマンとして時の人となっていたトニーに襲い掛かった。


携帯型アーマーのマーク5はムチにより各所を破損させ、ブラスターをはじくなど互角以上に戦うも電流のパワー不足により絡めとられて接近戦に持ち込まれ敗れ、リアクターも破壊され投獄された。


しかし後に技術を欲したジャスティン・ハマーにより脱獄を果たし、ハマーの研究所で無人型の遠隔操作可能なドローンアーマー軍団を開発、さらに自身専用の改良を施した特殊なムチを内蔵した全身を覆うアーマー「ウィップラッシュ・マーク2」を開発する。


アイアンマン・ザ・アドベンチャーズ

ウィップラッシュ

デザインに大幅アレンジが加わり、アーマー姿になっての登場。


ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

名前 ウィップラッシュ Whiplash
属性 テック
必殺技 ウィップ・カッター

CV:優希比呂

ラッシュラーッシュ


なんとこちらでも『ザ・アドベンチャーズ』準拠の姿で登場した。


関連イラスト

ウィップラッシュ

イワン・ヴァンコあいろんまん二章


関連タグ

マーベルコミック アイアンマン アイアンマン・ザ・アドベンチャーズ ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ マーク・スカーロッティ アベンジャーズ地球最強のヒーロー


外部リンク

Whiplash (Mark Scarlotti) - Marvel Universe Wiki: The definitive online source for Marvel super hero bios.

関連記事

親記事

アイアンマン あいあんまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7582

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました