ピクシブ百科事典

老スティーブ・ロジャース

だんすのやくそく

※この記事にはアベンジャーズ/エンドゲームの多大なるネタバレが含まれています!未鑑賞の方は絶対に観ないでください!
目次[非表示]

ネタバレ注意!










本当にネタバレ注意!









本当の本当にネタバレ注意!!!!









いいのか!?マジでネタバレだぞ!!!いいな?!

















概要
老スティーブ・ロジャースとはアベンジャーズエンドゲームのラストシーンに登場する、かつてキャプテンアメリカだった男である。


サノスとの戦いを終え、世界を守るために自己犠牲を行った友の葬儀を済ませて、キャップはタイムマシンでインフィニティストーン(とついでにソーが勝手に持ち出したムジョルニア)を返す旅へ向かった。
バナー博士が言うには、こちらの時間では送り出してから戻るのに5秒。しかし、キャップが過去へ消えてから5秒以上経ったのに戻ってこない。
慌てるバナーとサム・ウィルソン を尻目に湖の辺りへ目を向けたバッキー・バーンズ。彼はそこのベンチに座る一人の老人を見付けた。
バッキーはその正体を察し、サムにその老人に会うよう勧めた。
果たして、サムが出会ったのは、シワだらけで、白髪の、御年115歳の老人。動きは弱々しく、緩慢で、背中も小さく見える。

ひ弱な青年から屈強な超人兵士となり友人恋人と生き別れ

目覚めた矢先に個性的すぎるメンバーを率いてニューヨークを守りぬき

生きていた親友やSHIELDに潜り込んでいた宿敵組織と殺し合いを演じ

ソコヴィアを犠牲にしながらも機械生命体との死闘を制し

仲間達と戦い決別し

再び舞い戻った矢先の敗北によって人類の半数を失い

その犠牲を取り戻して数多の戦友の死を乗り越えた

彼の名はスティーブ・ロジャース。彼は仕事を完遂し、訪れた過去で「自分の人生」を生きることに決めた。
そして老人になった彼は本来の時代へ戻り、サムにキャプテンアメリカの盾を渡した。それは、2代目キャプテンアメリカの名を、サムに託すという意味であった。
受け取ったサムは「借り物みたいだ」と苦笑しつつも、「ベストを尽くす」と力強く答えた。
そして、サムは老人に尋ねる。

「ペギーとは、どうだった?」
老人は答える。
「それは、胸の内にしまっておこう」




そして描写は過去に移る。
スティーブとペギーが、若いし頃。二人はイッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム(1941年の洋楽)をバックに、お互いを離さないようにくっつきながらダンスを踊っていた。
二人は互いを見つめ、そして2回目のキスを交わす。エンドゲーム、そしてスティーブ・ロジャースの物語は、こうして幕を閉じるのであった。






関連イラスト

老スティーブ・ロジャーズに関するイラストを紹介してください。

関連タグ

スティーブ・ロジャース バッキー・バーンズ サム・ウィルソン キャプテンアメリカエンドゲーム MCU

ビゾン・ジェラフィル…スティーブと同じような経緯で最終的に老人となったキャラ繋がり。こちらは自分の意思とは関係なく過去へと飛ばされた。

関連記事

親記事

スティーブ・ロジャース すてぃーぶろじゃーす

コメント