ピクシブ百科事典

ビゾン・ジェラフィル

びぞんじぇらふぃる

アニメ「バディ・コンプレックス」の登場人物。

CV:櫻井孝宏

人物像

大ゾギリア共和国の国防軍に所属する軍人。階級は中尉。20歳。
名門の出自であり、アルフリード・ガラントの隊の一員。ヴァリアンサーのネビロスに搭乗する。
同じ部隊の仲間であるヒナ・リャザンとは昔からの幼馴染で、彼女のことを何かと気にかけている。

しかし、ヒナへの依存が強いせいか、時折異常ともいえる執念で彼女に関わろうとする危うい側面も多々見受けられる。その反面、ヒナが気にしている渡瀬青葉に対しては、これも異常なまでの殺意を抱いており、いつしかゾギリアやアルフリードのためではなく彼を殺害する事そのものを目的とする様になってしまう。
そして終盤では、その依存の強さ故、本来カップリングに不向きとされていたヒナの相手に志願。ハーンによる強化の末、カップリング機『ネルガル』のパイロットとなってしまった。

実は、70年前の世界で青葉を襲撃したのはビゾンとネルガルであり、この時は同じくこの世界に来ていたヒナと衝突して最後には自爆するという末路を辿っていた。青葉に対しての憎悪によって本来の人格すら歪められ、挙句には彼を守ろうとするヒナにさえ刃を向けて戦っていた。



最終回では青葉とヒナが、ガラプーシカの砲撃と激突した際、それにより生じた特異点に吸い込まれそうになってしまう。
これにヒナ共々飲まれたビゾンが、70年前の過去で青葉を襲撃する……というのが、本来の歴史だったのだが、ディオの機転によりネルガルは破壊され、生身のまま特異点に放り込まれた。
ヒナも過去へ行かなくなり、ネルガルも存在しなくなったことで、過去の青葉が襲撃される事態は回避されたのだが……飛ばされた過去から70年後、つまりアラスカ基地攻略戦後に90歳という高齢でゾギリア行政局局長に就任。改めて青葉とヒナの復讐に動く。

完結編ではゾギリアでクーデターを起こし新政権を樹立。臨時最高会議議長に就任して「エフゲニー・ケダール」と名乗る。宇宙での決戦において軍事衛星に搭載された巨大ネクター砲「ゴーゴン」で連合に制圧されたアラスカ基地を射線上の味方もろとも消滅させ、自らもヴィルヘルム・ハーンが開発した専用機で出撃。カップリングシステムを封じて青葉達を追い詰めるが、ノイズの正体を見破られてカップリングされる。更にはマルガレタ・オキーフ主導の元、自己中心的なやり方に不満を抱いていた反行政局側の連中が起こしたクーデターによって失脚するも、アルフリード・ガラントの通告を無視してなお青葉に迫るが、本当に守りたかったのはヒナではなく己のプライドとエゴだと指摘され、カップリング機三機による一斉射撃を受けて機体を大破。狂喜の笑みを浮かべたまま爆発に巻き込まれ、今度こそ戦死した。
残ったゴーゴンは、ビゾンが死ぬ寸前に最後の悪あがきとして貯蔵していた3年分のネクトオリビウムを全て開放し、ターゲットを世界有数のネクトオリビウム産出地にすることで地球そのものを破壊するよう設定される。軌道を変えようとしたゾギリア艦隊の砲撃を強固なネクターカーテンで無効化したが、青葉とディオの限界を超えたカップリングによって引き起こされた時間跳躍によって発射する直前に全体を切り刻まれ、破壊された。

関連タグ

バディ・コンプレックス 渡瀬青葉 ヒナ・リャザン
アルフリード・ガラント タルジム・ヴァシリー ラーシャ・ハッカライネン マルガレタ・オキーフ

マクギリス・ファリド…中の人が同じでこちらもクーデターを起こしたはいいが、己の独善が災いして協力を得られず、孤立無援になってしまった者同士。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビゾン・ジェラフィル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298908

コメント