ピクシブ百科事典

ナノ・ガントレット

なのがんとれっと

アベンジャーズ4作目「エンドゲーム」に登場したアイテムである

※本項目はMCUアベンジャーズ・エンドゲームのネタバレを含むのでご注意下さい














概要

前作「インフィニティー・ウォー」でサノスインフィニティ・ガントレットによる指パッチンによって消滅した宇宙の半分の生命を復活させるべく、スコット・ラングアントマン)発案の、ピム粒子を利用した「タイム泥棒計画」により、過去の並行宇宙から、インフィニティストーンを集めたアベンジャーズ

トニー・スタークアイアンマン)、ブルース・バナーハルク)、ロケットラクーンら、頭脳・メカ担当組がアイアンマンのナノテクノロジーを応用して,
インフィニティ・ガントレットを機械的に再現したメカである。

オリジナルとの性能差の詳細は不明だが、サノスのサイズに合わせて作られたインフィニティ・ガントレットと違い、サイズは伸縮自在で人間サイズからハルクやサノスの様な巨人サイズまで対応可能である。
耐久性に関しては、インフィニティ・ガントレットは前作で初使用後にストーンのエネルギーの余波でボロボロとなり。エンドゲーム冒頭での2回目の使用後は更にボロボロになっていたが、こちらも後述の1回目の使用でボロボロになっているので、使えても2~3回であると思われる



劇中での活躍

紆余曲折を経て完成後、誰がナノ・ガントレットを使うかで一悶着あったが(当初はソーが使用を主張したが、不摂生極まった体では危険と皆から止められた)、インフィニティストーンは膨大なガンマ線を放出する危険物であるので、ハルクが装着し使用した。

ハルクの強靭な肉体を持ってしてもストーンのエネルギーは強烈極まりなく、どんどん右半身がダメージを受けていく(脇で見ていたソーが思わず「外せ!」と叫ぶ程)中、遂にガントレットで指パッチンを行うハルク。

救命措置が行われる中、クリント・バートンホークアイ)のスマホには消滅した家族からの電話が掛かってくる。中庭を見つめるスコットが「成功したみたいだ」と呟いた直後、天窓を見たハルクの頭上にはミサイルを放つ巨大宇宙船。アベンジャーズの作ったタイム泥棒マシンを逆に利用した2014年のサノス軍団が攻めて来たのである

崩壊するアベンジャーズ基地、辛くもほぼ無傷で済んだクリントに、すぐ近くに転がっていたナノ・ガントレットは回収され(おそらくサノス的には、ストーンを通常兵器で破壊するのは困難な為、どうせ後でゆっくり回収するからと基地ごと粉砕したのかと思われる)、消滅から復活したメンバーと援軍達を加えたアベンジャーズとサノス軍団によるストーン争奪最終戦が繰り広げられた。

最終的にナノ・ガントレットはサノスに奪われ、ドヤ顔で「私は絶対なのだ」と再び指パッチンが使われてしまったが、何も起こらない。訝しむサノスがガントレットを良く見ると・・・なんとストーンが一個も嵌っていない

そして横を見ると・・・

I am iron man



最新型アイアンマンもまたナノテク製なので、ガントレットからストーンを奪い取ったのであった。
トニー・スタークの指パッチンで消滅していくサノス軍団。そしてナノ・ガントレットもまた、「サノスの装備品」とみなされたのか共に消滅していくのであった。

関連記事

親記事

インフィニティ・ガントレット いんふぃにてぃがんとれっと

pixivに投稿された作品 pixivで「ナノ・ガントレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1094

コメント