ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

ロックマンエグゼ4」と「ロックマンエグゼ5」に登場したダークチップシンジケートで、首領はDr.リーガル
構成員は少なく、作戦は全て自立型ネットナビが行っている。
これは父親を嫌うリーガルの対抗心の表れなのかどうかは不明。
組織の目的は「かつて優秀な科学者だった父親を追放した今のネットワーク社会に対する復讐」である。

各シリーズでの行動

エグゼ4

今まではwwwネットマフィア『ゴスペル』の影に隠れて活動していたが、4から本格的に活動を開始。
地球に接近した小惑星の中に電脳空間があると判明するとレーザーマンを送り込み、軌道を修正すると見せかけて小惑星を乗っ取ろうと企むも、光熱斗ロックマンEXEの前にレーザーマンはデリートされ、小惑星に潜んでいたデューオも彼らの勇気を認め軌道を変更したために計画は失敗。
リーガルは熱斗と炎山によって追い詰められ、熱斗に自首するよう言われるもそれを拒否、「ワタシは罪を償おうという気持ちはこれっぽっちも持っていない、これまでの行いに罪悪感などまったくないのだよ。」「しかしそれは悪ではない、なぜなら本人は正しいと思っているからだ」と語っており、熱斗に対し以前事情を知らなかったとはいえ、パークエリアを管理するナビを倒したこと、炎山に対しては任務の際にデリートしたナビの中には冤罪でデリートしてしまったナビもいた可能性があったこと、祐一朗に対してはネットナビの研究を進めなければここまでネット犯罪は増えなかったのではないかということを指摘し、最後に「この繁栄したネットワーク社会を築いた科学者たちはとあるロボット工学の科学者を追放し悪の道に走らせた、それはワタシがかつて父と呼んだ男だ」と、自身がワイリーの息子であることを明かし、人間は自分でも気づかないうちに罪を犯しているということ、自身が消えても人間がいる限り悪はなくならないということを告げ、ANSA屋上から身を投げて消息を絶つ。

エグゼ5

冒頭でリーガルは生きていたことが判明、かつて光正とワイリーが開発しようとしていた人間の心をリンクさせるココロネットワークというシステムを完成させるのに必要な「光レポート」の手掛かりを得るため祐一朗を誘拐し、時間稼ぎのためにダークロイドたちにインターネットエリアを占拠させるもナビチームによって次々エリアは解放されていくが終盤でガウという犬に擬態させていた光レポートを手に入れるとココロネットワークを完成させ、実験のために各地にミニサーバーを設置し、人々を凶暴化させた。
そしてフジ山頂のネビュラ本拠地で人間の憎しみや怒りをデータ化した「ネビュラグレイ」をインストールし、世界を悪の心で染めようとするもココロサーバーの力を無力化する「マグネメタル」入りのお守りを持っていた熱斗とロックマンには効果がなく、ロックマンとナビチームによってネビュラグレイがデリートされると自身の野望が潰えたと悟ったリーガルは火山活動が活発になったフジ山に残りネビュラ本拠地と運命を共にしようとするがワイリーがココロネットワークをオーバーロードさせたことで数10年分の記憶を失い、後に一人の科学者として科学省で働くことになった。

メンバー


首領:Dr.リーガル/レーザーマン

ネットナビ
シェードマン
ブリザードマン
クラウドマン
コスモマン
ダークロックマン
(ダークブルース)/(ダークカーネル)

関連タグ

ロックマンエグゼ
Dr.リーガル
ネビュラグレイ

関連記事

親記事

ロックマンエグゼ ろっくまんえぐぜ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ネビュラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ネビュラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10793

コメント