ピクシブ百科事典

エディ・ブロック

えでぃぶろっく

アメコミ「スパイダーマン」に登場するキャラクターで、初代ヴェノムにしてアンチヴェノムの正体。
目次[非表示]

概要

本名エドワード・チャールズ・アラン・ブロック。
サンフランシスコ郊外の裕福な家庭に産まれたが、出産時に母親が死んだ事で父親からは冷遇される事になり、認めてもらおうと文武両道に励んだが、それでも関心を抱かれるまでには至らなかったという孤独な生い立ちの持ち主である。

成人後は記者として成功を収めたが、スパイダーマンの活躍で自身の書いた記事が誤報だったことが判明して社会的信用を失ってしまい、逆恨みであるが、スパイダーマンに強い憎しみをいだくようになる。
その後、偶然にも、スパイダーマンであるピーター・パーカーがエイリアン・コスチュームこと共生体シンビオートを捨てた際に居合わせ、そのシンビオートと合体。ヴェノムとしてスパイダーマンの前に立ちはだかった。

もとがひ弱なオタクだったピーターと比べると、エディはストレス解消のためにボディビルで鍛えていた事により総合的な身体能力で勝り、非常にやっかいな敵となっている。

ただし、一見すると悪辣な人物に見えるが、ヴェノムとなったエディが仇と付け狙っているのはあくまでスパイダーマンだけであり、他に悪行らしい悪行はしない。
むしろスパイダーマンと戦う際には他人を巻き込むことを好まず、子供や一般市民が戦いに巻き込まれそうになると思わず助けたりする等、紳士的とさえ言っていい良心に満ちた一面も持っている。
またスパイダーマンとも、自分が原因で誕生してしまったカーネイジを倒すべく恨みを飲んで共闘するなど、器量も持ちあわせている。

逆に、同じ共生体から生まれたカーネイジとは、互いの思想が相容れない事もあって不仲であり、スパイダーマンと組む形で何度も投獄に追い込んでいる。

近年、末期ガンに侵されてしまいヴェノムとしての活動に耐える体力を失った。
そのため過去の罪滅ぼしも兼ね、チャリティーオークションにシンビオートを出品する。
彼によって手放されたのを機に、ヴェノムのシンビオートは何人もの人間の手に渡るようになった。
しかしその後、対ヴェノム抗体によって命をとりとめ、さらにはわずかに体内に残存していたシンビオートが変異を起こして、新たな白い共生体「アンチヴェノム」と化した。
そのアンチヴェノムの力も後に失われ、現在はカーネイジのシンビオートから生まれた別シンビオート・トキシン(いわばヴェノムのシンビオートの孫にあたる)の2代目宿主となっている。

実写版

サム・ライミ版

演:トファー・グレイス/吹:森川智之
『スパイダーマン3』にて初登場。名前は「エディ・ブロックJr.」となっている。
デイリー・ビューグル社の新人カメラマン。野心家でスパイダーマンの特ダネ写真を撮ろうと躍起になっており、ピーターに対抗意識を燃やす。
グウェン・ステーシーとは恋仲だが、それはエディの一方的な思い込みである節があり、当の彼女からの対応はイマイチであった。

中盤でブラックスパイダーマンに邪険に扱われたことに腹を立て、捏造写真を使って彼の犯行をでっち上げた特ダネで称賛されるが、スパイダーマンの名誉を汚された事に激怒したピーターに捏造写真を暴かれてしまい、ほどなくクビになってしまう。
さらにグウェンと親しいピーターを目撃し、彼に殺意まで抱くようになる。
ちなみに劇中では描かれていないが、小説版では捏造写真の件でピーターだけでなくグウェンをも激怒させてしまい、トドメと言わんばかりに絶交を切り出されている。

全てを失った後は教会でピーターへの天誅を願いに来たところ、丁度落下してきたシンビオートに寄生され、元々の性根も相まってシンビオートと見事に融合させられてベノムとなった。
そして、自分と同じくスパイダーマンを恨んでいたサンドマンに接触し、味方に抱き込んだ上でスパイダーマン=ピーターの抹殺に乗り出す。

ピーターを庇ったハリーに致命傷を負わせたが、シンビオートの弱点が金属音であることに気付いたピーターによって鉄パイプで囲まれるように閉じ込められ、その音でシンビオートが弱ったところを引き剥がされるも、シンビオートの力に魅入られてしまっており、ハリーの持っていたパンプキンボムからシンビオートを庇おうとして共に爆死した。

原作ではダークヒーローとして人気のキャラクター・ヴェノムだが、本作では監督のライミがヴェノムをあまり好きでないこともあり、徹底して凶悪で小者な人物として描かれた。
どちらかというと体格も人物像もカーネイジに近く、あまりにも原作とかけ離れた人物像や容姿であったため、ファンからの批判を浴びていた。

スパイダーマン・ユニバース

演:トム・ハーディ/吹:諏訪部順一
ソニー・ピクチャーズ主導の元で制作されるスパイダーマン・ユニバースシリーズの第一弾である『ヴェノム』に主役として登場。

we are venom



自己中心的な一面もあるが、強い正義感の持ち主で、徹底的な取材で人気を博した記者だった。
だが勤務しているテレビ局のスポンサーであるライフ財団のCEO、カールトン・ドレイクへの取材の直前、弁護士である婚約者アン・ウェイングのメールを盗み見。ライフ財団が人体実験を行っていたことを知り、インタビューでそのことを追求した結果テレビ局を解雇されてしまった。更にはとばっちりを受けて事務所を解雇されたアンからも婚約を解消されてしまう。

半年後、まともな仕事もなく零落した生活を送っていたが、ライフ財団の女性科学者ドラ・スカースからの内部告発を受ける。アンに新しい恋人もできたこともあってやけっぱちになり、ドレイクへの復讐も兼ねて潜入取材に乗り出したが、そこにはシンビオートとの融合実験の実験台にされた人々がいた。実験台にされていたホームレスの女友達マリアを助けようとして正気を失った彼女に襲われ、更には彼女の中にいたシンビオートに寄生されてしまう。
命からがら脱出を果たすが、エディに寄生したシンビオートによって「生きた肉」を食べたいという衝動のままに奇行に走るなど、目に見えて異常な行動を取り始める。更にはシンビオートはエディの肉体からも栄養を略奪するため、多臓器不全の一歩手前まで追い込まれる一幕もあった。
しかしシンビオートの絶大な戦闘能力によって命を救われたエディは、自らの信念に準じてライフ財団との対決を決意。シンビオートも当初はエディを単なる「乗り物」と見なしていたが、「負け犬」であった自身を受け入れたエディに影響されたか、以降は最も「共生」に成功したケースとなった。これによりドレイクに狙われるようになり、「ヴェノム」として彼らと戦うことになる。

ヴェノムとなったエディはそのパワーで縦横無尽に駆け回ることができるようになるが、エディ本人は実は高所恐怖症である。その為ビルを駆け登って最上階に侵入、目的を果たした後はエレベーターを使って帰ろうとし、シンビオートから「ヘタレ」と評された。
最終的に「悪いやつなら食っていい(判断基準は「見たらわかる」)」という結論に至り、「最悪」のコンビは「最強」の相棒となって戦いを続ける事となる。

なおスタッフロールの途中で何やら意味深な映像が入り、続編の予感も……。

演じたトム・ハーディは息子を介してヴェノムを知り、以降は大ファンになったと語っている。

関連タグ

ヴェノム(MARVEL) アンチヴェノム シンビオート アン・ウェイング
ダークヒーロー アンチヒーロー

pixivに投稿された作品 pixivで「エディ・ブロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399727

コメント