ピクシブ百科事典

ライオット(MARVEL)

らいおっと

ライオットはアメコミ『スパイダーマン』に登場するヴィランの一人である。
目次[非表示]

概要

宿主がエディ・ブロックだった時のヴェノムから抽出したシンビオートを、秘密結社ライフ財団が培養して生み出した5体の人工シンビオートのうちの一体。宿主はライフ財団の私兵の一人トレヴァー・コール。

ダークブルーの体色以外は、他の四体に比べて一番ヴェノムに似た姿をしている。ヴェノム譲りの能力の他、彼のみはカーネイジように体の一部を武器に変えることが出来、宿主のトレヴァーはハンマーメイスなどの鈍器を好んで使用した。

他の四体の人工シンビオートと共にヴェノムやスパイダーマンと死闘を繰り広げるも、仲間の一人であるスクリームによってトレヴァーが殺されてしまい、同じく宿主を殺されたラッシャー・ファージ・アゴニーとともに警備員スコット・ワシントンに取りついて、さらに強力な寄生体「ハイブリッド」となった。しかしスコットも最後はエディによって殺された。

スコットの死後はアゴニー、ラッシャー、ファージ共々アメリカ軍に接収され、特殊部隊マーキュリー・チームの生物兵器となった。
ライオットは海兵隊員特殊作戦コマンドのハワード・オグデンと結合。彼の脚を強化して超人的なスピードを与え、偵察や近接攻撃を請け負った。


実写映画

スパイダーマン・ユニバースの第1作となる『ヴェノム』にてヴィランとして登場。

本作での宿主はライフ財団の創設者カールトン・ドレイク(演:リズ・アーメッド/吹:花輪英司)であり、人口シンビオートという設定ではない。原作と異なり体色は銀色。

ドレイクは表向きは医療福祉から宇宙開発まで幅広く手掛ける実業家だが、裏では社会的弱者を騙して人体実験を行っている冷酷非情なマッドサイエンティストであり、環境破壊や資源の枯渇が深刻化している地球に見切りをつけ、人類の宇宙進出を目指していた。そのための宇宙探索でシンビオートを4体分採取するも、帰還中にロケットは大破して東マレーに墜落、何とか3体分のシンビオートの回収に成功するも、ライオットのシンビオートは唯一生き残っていた飛行士に取りつき、そのまま様々な人間を介して自力でドレイクのもとへと向かい、彼に寄生する。

故郷では将軍格の存在であったライオットは侵略する惑星を探しており、辿り着いた地球に目をつけ、ライフ財団のロケットで故郷に戻って大量の同胞たちを率いて地球の侵略を目論んでいた。元々冷酷な性格だったドレイクもライオットに寄生されたことですっかり魅入られてしまい、部下たちの反対を押し切りロケットの発射準備を進めてしまう。しかし地球を気に入った元部下のヴェノムはこれを良しとせず、宿主となったエディと共にこれを阻止せんと立ちはだかることになる。

関連タグ

スパイダーマン シンビオート スクリーム(MARVEL)
ヴェノム(MARVEL) エディ・ブロック

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオット(MARVEL)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 554

コメント