ピクシブ百科事典

スパイダーマン・ユニバース

すぱいだーまんゆにばーす

ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)とは、MCU、X−MENユニバースに続く、MARVELの第三の実写映画シリーズである。
目次[非表示]

概要・沿革

ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)とは既にいくつもの映画が製作・公開されたMCUX−MENユニバースに続く、MARVELのコミックの第三の実写映画シリーズである。

現在、MARVELのキャラクター達は、X-MENデッドプール20世紀FOX、それ以外はMCUが基本的に権利を保持しており、それぞれで実写映画のシリーズが作られている(詳細は、MCUの権利関係の項を参照)。

その中で、スパイダーマンとそれに関連するキャラクター達は、ソニーが権利を保持しており、これまでサム・ライミ監督による『スパイダーマン』三部作やそれのリブートにあたる『アメイジング・スパイダーマン』が製作・公開されてきたが、『アメイジング・スパイダーマン2』の興行・批評の評価が芳しくなかったために、シリーズは打ち切りとなってしまい。『アメイジング・スパイダーマン3(仮題)』や『シニスター・シックス(仮題)』といった企画が消滅しており、後述の『ヴェノム』も、そのあおりを受けて、お蔵入り状態だった。

その後、ソニーはマーベル・スタジオと提携し、スパイダーマンは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でMCUに参入。単独作品となった『スパイダーマン:ホームカミング』は、批評・興行の両面で高い成功を収め、監督を務めたジョン・ワッツは、続編及び第三作目でも続投している。

その一方で、『ホームカミング』の公開前後から、ソニーは独自のユニバースを構築する計画を始めた。これこそがソニーズ・スパイダーマン・ユニバース (SSU)である。これまで第一弾の『ヴェノム』(ヴェノムが主役)、第二弾の『ヴェノム/レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に加え、第三弾の『モービウス』、第四弾『クレイヴン・ザ・ハンター(仮題)』まで発表されている。
 この独自バースこと、SSUはいわば『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで頓挫した先述の企画のリベンジに当たり、第一作である『ヴェノム』の興行的成功を受け、続編やスピンオフ作品の製作が決定しており、ユニバースの更なる拡張に期待が高まっている。

センシティブな作品



タイトルの変化

『ヴェノム』が上映されて以降、ソニーはソニーズ・マーベル・ユニバース(SMU)と発表し、同社内の社員達からはソニーズ・ユニバース・オブ・マーベルキャラクター(SUMC)と呼ばれていた。
その後、タイトルが一部改名されてソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベルキャラクター(SPUMC)と発表されたが、更にその後『ヴェノムLTBC』とMCU作品『スパイダーマンNWH』が発表されたのを機に、ソニーはタイトルをソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)へと改名した。

特徴

なにぶんこれから始まるユニバースなので、明確な特徴はまだ分からないものの、『ヴェノム』はホラー・サスペンス調の作品、『モービウス』はダークなヴァンパイア・ムービー、といった具合に、同じマーベル原作のMCUやX−MENユニバースとの差別化を図っており、X−MENユニバースのスピンオフ作品同様、「SSUだからこそ作れる映画」像を模索しているようだ。

今後の展開

『モービウス』以外にも、原作コミックの人気キャラクターであるクレイブン・ザ・ハンターを主人公とした映画や、韓国系アメリカ人の女性ヒーローシルクを主人公としたドラマシリーズの製作[[> https://theriver.jp/silk-watchmen-producer-joined/]]も進んでいるようだ。

現時点ではMCUとの交流がない(そもそもマーベル・スタジオ側は本シリーズの製作には一切関与していない)状況で、肝心のトム・ホランド演じるスパイダーマン/ピーター・パーカーがこのユニバースに参入するのか、MCUとのクロスオーバーは存在し得るのか、詳しい事については未だに明らかにされていない。
一応、『ヴェノム』に関しては、ソニー側は『スパイダーマン:ホームカミング』と世界を共有した作品と独自に位置付けており、同作のプロデューサーであるエイミー・パスカルも「MCUの付属物」と表現している。

後にディズニーとソニーの間で新契約が結ばれ、マーベル・スタジオのプロデューサーであるケヴィン・ファイギ氏が言うには「スパイダーマンは複数のユニバースを行き来する唯一無二のヒーローとなる」と述べており、トム・ホランド演じるスパイダーマンがこちらのユニバースに出演する可能性が高いと思われる。
また、2作目であるモービウスは「MCUと直接繋がる作品となる」と報じられており、トレーラーでは『スパイダーマン:ホームカミング』でヴァルチャーを演じたマイケル・キートンが映っている。
『ヴェノム』でもMCUからのカメオ出演が希望されていたが、最終的にマーベル・スタジオの要望で断念された。
しかし、新契約によってMCUとの権利関係の壁がかなり薄くなっている事が窺え、マルチバースが本格的にMCUに導入されたことにより、SSU作品群とMCUスパイダーマンのクロスオーバーの実現に期待が高まっている。

作品一覧

邦題原題公開時期(全米)監督
ヴェノムVenom2018年10月5日ルーベン・フライシャー
ヴェノム/レット・ゼア・ビー・カーネイジVenom:LET THERE BE CARNAGE2021年10月15日アンディ・サーキス
モービウスMorbius2022年1月21日ダニエル・エスピノーサ
未定Kraven the Hunter(仮題)未定未定
未定Silk(仮題)ドラマシリーズ未定未定

(2021年8月現在)

ちなみに

MARVELのコミックの一つに、『スパイダーバース』があるが、あちらはあくまで色々なスパイダーマンが集結する話であり、現時点でこのSUMCとの関連性はない。

ただし、ソニーが独自のユニバースの構築を始める上で、この原作コミックが念頭にあった可能性はある。

関連タグ

スパイダーマン
ヴェノム(MARVEL)
モービウス
ブラックキャット
シルク(スパイダーマン)

MARVEL
MCU
X-MEN
ユニバース
X−MENユニバース

関連記事

親記事

スパイダーマン すぱいだーまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スパイダーマン・ユニバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10532

コメント