ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シニスター・シックス

しにすたーしっくす

マーベル・コミックの『スパイダーマン』などに登場するヴィラン(敵)側のチーム。
目次 [非表示]

概要

スパイダーマン』のヴィランであるドクター・オクトパスが打倒スパイダーマンを掲げ、同じく彼と因縁のあるヴィラン達と結託して結成したチーム。

以後メンバーを変え、それ以外の作品にも登場し続けている。


なお名前に反し6人でないこともある。それどころか「二流ヴィラン5人組が勝手に名乗る」という、ツッコミどころ満載の事態が起きた事も有った。


「スタン・リー命名の法則」に従い、イニシャルがS・Sである(Sinister-Six)。

人気やインパクトの強さから、細かい設定が変わっている場合もあるが、アニメなどの他のメディア作品でも登場することがある。


主なメンバー


他多数


映像作品

映画

2』の後にスピンオフ作品として製作される予定があり、伏線も張られていたが、諸事情により中止となっている。


上記のうちヴァルチャーとショッカーがシリーズ前々作に、ミステリオが前作に登場しており、さらにドック・オク、エレクトロ、サンドマン、リザードに加えてグリーンゴブリンの登場が予告されていたことから、一部ファンの間ではチーム結成が期待されていた。


第3作『モービウス』のポストクレジットシーンにおいて今後の登場を匂わせる台詞がある


直接登場していないが、スパイダーマンが存在しない世界である「Earth-42」では覇権争いでブルックリンを蹂躙している事が言及されており、その影響で各地で火災が発生するほど酷く荒廃した街並みとなっている。


ゲーム

ノーマン・オズボーンに因縁を持つミスターネガティブとドクターオクトパスが、ヴィラン専用の刑務所「ラフト」から脱獄させたエレクトロ、バルチャー、ライノ、スコーピオンと組んで結成。終盤の強敵チームとしてスパイダーマンに立ちはだかる。


アトラクション

フロリダの「アイランズ・オブ・アドベンチャー」と大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」でオープンしたアトラクションに「シニスター・シンジゲート」の名で登場した。

ドクター・オクトパスをリーダーに、エレクトロ、スクリーム、ハイドロマン、ホブゴブリンらの5人らで街を荒らしまわり、自由の女神像を人質にニューヨークの明け渡しを迫った。


メンバーが5人であるのが理由なのか、シニスター・シックスとは呼ばれたり名乗ったりはしていない。


なお、USJ版は2024年1月下旬をもって運営を終了した。


関連項目

MARVEL

スパイダーマン

関連記事

親記事

スパイダーマンの登場キャラクター一覧 すぱいだーまんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2319

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました