ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

グリーンゴブリンの本名。ハリー・オズボーンの父親。

オズコープの社長(であった)。

ちなみに宇宙人、スクラル人からの侵略騒動を機に英雄となりアイアンパトリオットとなる。(『シークレット・インベージョン』『ダークアベンジャーズ』ほか)


詳細はグリーンゴブリンまたはスパイダーマンアイアンパトリオットを参照。


なお、コミックでは息子のハリーともども、作品中で「タワシ頭」と呼ばれる事も有る独特の髪型をしている場合が多いが、父子ともに実写映画版で再現された事は無い。


実写映画

サム・ライミ版MCU

演:ウィレム・デフォー、日本語吹替:山路和弘


第1作『スパイダーマン』に登場。

やはりオズコープ社の社長であり、ハリーの父。ハリーと親友であるピーター・パーカーとも旧知の仲であり、息子のハリーの事も父親として大切に想ってる優しい科学者だった。

そんな中、身体能力増強薬や新型バトルスーツを米軍に提供しようとするが、ライバル会社に負けそうになった事で焦りを感じ、開発した身体能力増強薬を自身に投与して、その能力を証明しようとする。

しかし薬の副作用で誕生した凶悪な別人格に意識を乗っ取られ、「グリーン・ゴブリン」が誕生。

正しくあろうとする善良なノーマンと、悪に走ろうとする邪悪なゴブリンの心がぶつかり合う。

そしてスパイダーマンとの戦闘中にグライダーの刃で身体を貫かれる。最期はノーマンとしての人格を取り戻し、「ハリーには言うな。」とスパイダーマンに言い残して死亡する。

この死が原因で息子ハリーがスパイダーマンを恨んで、「ニュー・ゴブリン」となり、最終的に命を落としてしまうきっかけとなる。


第2作『スパイダーマン2』、第3作『スパイダーマン3』にも、ハリーが見る幻覚や回想でグリーン・ゴブリンとしての人格で登場する。


スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、ドクター・ストレンジの魔術の影響により、MCUの世界(アース-199999)に現れる。

前述した映画でスパイダーマンの正体がピーター・パーカー(もちろん、トム・ホランド演じるMCUのピーターではなく、トビー・マグワイア演じるサム・ライミ版のピーター)だと知ってから、死亡するまでの間の時系列から本作にやって来た。ピーターの「ヴィラン達を救いたい」という考えにノーマンとして賛同し、解毒剤等の製作に協力するが、途中で再びゴブリンの人格に支配されてしまい暴走を始める。最後はスパイダーマンとの激闘の末、解毒剤を打ち込まれた事でゴブリンとしての凶悪な人格は完全に消え失せ、本来の心優しいノーマンに戻り、自分がゴブリンとしてこれまで犯してきた悪事を後悔しながら元の世界へ帰っていった。


マーク・ウェブ版

演:クリス・クーパー、日本語吹替:小川真司


アメイジング・スパイダーマン2』で登場。

不治の病に侵されており、冒頭早々に死去。ゴブリンにならなかった。

自身と同じ病が遺伝したハリーに治療の研究が記録されたデータを託す等、親としての情が少なからずあったものの、危篤状態になる前はオブコープの経営を優先するためにハリーを寄宿学校に預けて結果的に放任していた事が言及されており、当のハリーからは半ば愛想を尽かされていた。


ゲーム

Marvel's Spider-Man

声:堀内賢雄/ 英:マーク・ロルストン

年齢 58歳 身長 180.3cm 体重 83.9kg


オズコープのCEOであると同時にニューヨーク市長としても活動している。

傲慢で上から目線で基本的に不誠実であるが、息子ハリーに対する愛情は本物である。ちなみに環境弁護士として働いていた妻エミリー・オズボーンはハリーが幼い頃に遺伝性の難病を発症して命を落としている。

妻に先立たれた過去に加えてハリーも難病を患っている状況が原因で家族を失う事を極端に恐れている節があり、ハリーを救うための研究を完成させるためなら強引な手段に走る事も辞さないが、その方針が原因で友人のオットー・オクタビアスや被験者となったマーティン・リーの恨みを買う事となり、作中で両者に殺されかけていた(いずれもピーターに救われたが)。

上述にある通り、良くも悪くも息子を救う事に熱心な父親として描かれているが、(不本意ながらも)関係者達を踏み台にして間接的に多くの人々を巻き込んだ事を考えると、彼も決して一方的な被害者ではないと言える。


かつてオットーとはオズコープを立ち上げた仲だったが、現在は蛇蝎のごとく嫌われており、悪辣な態度ゆえにピーターもマイナス印象が強い。ただし、お互いの共通するイニシャルが元である社名をそのままにし、私室には彼との写真を密かに額に入れているなど、ノーマン自身は悪感情を抱いていないと思われる。作中ではオットーの研究を奪ったという主張がまるで真実かのように扱われるがそもそも証拠など一切なく、ノーマンのオットーに対する主張も態度や言い方こそ悪いが正論に近い。


2作目の『Marvel's Spider-Man:Miles Morales』ではポストクレジットに登場しており、カート・コナーズに対してハリーの治療を急がせるよう催促していた。


関連タグ

グリーンゴブリン

関連記事

親記事

グリーンゴブリン ぐりーんごぶりん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25313

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました