ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

正義だけが、道なのか。

解説

2004年6月30日全米公開、同年7月10日日本公開。

2002年公開の『スパイダーマン』の続編。

主演は引き続きトビー・マグワイア、監督はサム・ライミが務める。

メインヴィランは、コミックでもスパイダーマンと因縁の強いドクター・オクトパス


第77回アカデミー賞において視覚効果賞を受賞した。


ストーリー

前作の戦いから2年。スパイダーマンとしての活動を続けるピーターは、そのために学生生活がうまくいかず、バイトもクビになるという散々な日々を送っていた。ゴブリンの一件以来、MJとの距離も離れている。


ある日、ピーターはハリーの紹介で、オットー・オクタビアスと出会い、彼の仕事や「知識とは授かり物で人類の為に使うべき」だという優しい思想、妻を愛する良き夫としての姿にあこがれを抱く。しかしオクタビアスの核融合実験は失敗し、背中に装着していた人工知能を搭載するマシンアームを制御していたチップが破損してしまう。チップが壊れ、凶悪化したアームの人工知能はオクタビアスの思考を乗っ取ってしまう。そして、自身の存在意義である「実験の成功」の為にアームはオクタビアスを唆し、彼を『ドクター・オクトパス』へと変貌させてしまった。


一方、ピーターは超人能力が消え始め、それを機にスパイダーマンをやめることを決意するが…


キャラクター


関連タグ

スパイダーマン


スパイダーマン(映画)→スパイダーマン2→スパイダーマン3

関連記事

親記事

スパイダーマン(映画) さむらいみばんすぱいだーまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3307

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました