ピクシブ百科事典

ハリー・オズボーン

はりーおずぼーん

『スパイダーマン』に登場するキャラクター。2代目「グリーンゴブリン」の中の人。
目次[非表示]

スパイダーマン』に登場するヴィランである「グリーンゴブリン」(二代目)の中の人

概要

ピーター・パーカー親友
友達の少ないピーターにとっては貴重な存在である。

父であるノーマン・オズボーンの死後、跡を継いでオズコープの社長となるが、精神的ストレスが重なって二代目グリーンゴブリンと化した。

後に、リズ・アレンと結婚。息子のノーミー・オズボーンをもうける。
二代目ゴブリンとしてスパイダーマンと戦うも、寸前で正気を取り戻し、ピーターを救い、死亡。

しかし父親同様に、後に復活。再びピーターの前に現れる。

映画版

若いイケメン俳優が演じるのが定番化している。サム・ライミ版とマーク・ウェブ版では、ピーターとハリーのヘアスタイルなど見た目の印象が互いに逆転しているかに見える。

サム・ライミ

演 - ジェームズ・フランコ / 吹き替え - 鉄野正豊
実験中の事故でグリーンゴブリンと化した父であるノーマン・オズボーンを、スパイダーマンであるピーターが殺したと思い込み、ニューゴブリンとなって復讐しようとするが、その後真相を知って思い留まる。
その後、ヴェノムサンドマンのタッグに苦戦するピーターの危機に駆けつけ、最後は戦いで瀕死の重傷を負った後に彼と和解し、息を引き取った。
葬式ではピーターやメリー・ジェーン・ワトソンの他、グウェン・ステイシーも参列する等、ある意味マーク・ウェブ版とは逆の結末を迎えている。

マーク・ウェブ版(アメイジング・スパイダーマン)

演 - デイン・デハーン / 吹き替え - 石田彰
病で死した父ノーマン・オズボーンの跡を継いでオズコープの社長となるが、先祖代々から遺伝している病の症状が自分にも出始めたため、その病を治す鍵がスパイダーマンことピーターの遺伝子にあることを知って彼に血液の提供を求めたが、保留という形で拒否された。更には自身に不満を抱いていた重役によってオブコープをクビにされて自暴自棄になった彼は研究所の試作品を使用したことでグリーンゴブリンと化してしまう。なお、削除シーンでは自分をクビにした重役に復讐する様子が描かれている。
その後、エレクトロを倒したピーターとグウェンを襲い、ピーターに止められるが、戦闘の余波でグウェンを殺害し、刑務所に入っている。
しかし、刑務所に入った後もライノを影から操るなどして暗躍している。
ちなみに序盤でハリーの秘書となった女性はマーク・ウェブ版の打ち切りがなければ、次回作でヴィランになる予定であった。

マーク・ウェブ版をベースにしたアクションゲームでも難病が原因で悪の道に走っているが、復讐よりもスパイダーマンの力を手に入れる事に執着している。
最終的にスパイダーマンに敗北したものの、中途半端に終わった原作と比べると上手い具合に決着をつけている。

MCU

今の所、登場無し。
これまでの実写映画でピーターの親友というポジションはネッド・リーズが担当している。

今後の登場に期待しよう。

アニメ版

マーベル_スパイダーマン

父が経営するオズボーン学園の生徒であり、中盤ではホブゴブリンとなってしまう。

ゲーム版

Marvel's Spider-Man

詳細はリンク先参照

関連イラスト

ハリー



余談

実写映画やアニメなどでは、イケメンに描かれる事が多い。
しかしマーベルの原作コミック(特に基本世界のアース-616)では、「パンチパーマで剃り込みを入れている」という髪形になっている。参照
これは父親のノーマン・オズボーンも同じだったりするので、オズボーン家のお気に入りなのかもしれない。
ちなみにハリーはモブキャラに一度、「この兄ちゃん、すげえ髪形」と思われた事も。
後に、「スパイダーマンデッドプール:プロローグ」では、ピーターに化けたデッドプールが、このオズボーン親子の髪形に対してツッコミを入れてたり

関連タグ

スパイダーマン グリーンゴブリン オズコープ ニューゴブリン
ヴィラン 悪役 ノーマン・オズボーン 親友 

飛電或人…親族の死によりいきなり社長の座が転がり込んできたキャラ繋がり。こちらはヒーローであるものの、古参の役員達からは陰で厄介がられて味方が女性秘書のみである等、マーク・ウェブ版ハリーと同様に半ば孤立状態であり、物語の終盤では…

関連記事

親記事

グリーンゴブリン ぐりーんごぶりん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリー・オズボーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181846

コメント