ピクシブ百科事典

エレクトロ

えれくとろ

エレクトロとは「スパイダーマン」に登場するヴィラン(悪人)である。
目次[非表示]

概要

本名はマックスウェル”マックス”・ディロン。初登場は『AMAZING SPIDER-MAN』#9(1964年2月号)と古参の部類に入る。

元々は電気会社の作業員だったが、電線の修理作業をしている時に起きた落雷が原因で感電事故に遭う。一命を取り留めた後に自在に高圧電流を出せる特異体質になった事が判明し、それ以来その力を使って悪事を働くようになる。

ドクター・オクトパスの呼びかけで結成された悪人軍団「シニスターシックス」のオリジナルメンバー。

「ニューアベンジャーズ」の創刊号及び「スパイダーマン:ブレイクアウト(2005)」にて、ある人物にそそのかされてライカー島にあるラフト刑務所のセキュリティを破壊。投獄されていたヴィランたちが世に放つというとんでもない事をやらかした(その後、別れた妻を頼りに逃亡していたが、ニューアベンジャーズの第4号で御用となる)。

能力

莫大な量の電気を発生させることができ、電撃を発射して攻撃するのが常套手段。また、周囲の環境から電気を奪い取ることも可能。さらに、この電撃は最大出力なら感電死させる事もおろか、スパイダーマンのウェブも分解する事も出来る。

実写版

アメスパ2


実写版では『アメイジング・スパイダーマン2』にて初登場。
「最強の敵」という触れ込みでスパイダーマンの前に立ちはだかることになる。
体全体が透き通る青色に染まっており、血管や体内の電気の流れが透けて見えるなど、クリーチャー染みた恐ろしい外見へとデザインされている。
演じたのはジェイミー・フォックスで、日本語版吹き替え声優としても活躍中の歌舞伎俳優中村獅童が担当。

元々はオズコープ社に努める電気技師で、市内の電気をつかさどる発電施設を設計するなど優秀な腕前の持ち主だったが、周囲からは全くと言っていいほど評価されておらず、使い走りのような扱いを受けるなど鬱屈した日々を過ごしていた。そんなある日、配線の修理をしていたところ感電事故に遭ってしまい、原作同様電気を発生させることが可能な特異体質へと変貌してしまう(感電の衝撃で実験ラボラトリーの水槽に転落した際、遺伝子変化を施されていた電気ウナギに噛みつかれたことも原因となった)。
当初は自分の体の変化に戸惑っていたものの、後述の一件をきっかけにして、今までの恨み辛みを晴らすかのごとく凶悪な人格に変貌してしまい暴れまわるようになる。

スパイダーマンに対しては、以前の下敷きになりそうになったところを助けられ、「君が必要だ」と諭されたことである種狂信的なまでのファンになっていたが、エレクトロとなって再会した際に、説得しようとしたスパイダーマンの制止を無視した警官に狙撃されたことと、周囲の野次馬が自分と戦うスパイダーマンを応援しているのを見て、結局は自分を利用しているだけだと思い込んで逆上。それ以降は一転してスパイダーマンを憎悪の対象とするようになる。

最初の戦いでは持ち前の高圧電流でスパイダーマンを圧倒するが、彼の咄嗟の気転により敗北し、そのまま刑務所に収監される。そこで人体実験を受けるなど非道な扱いを受けていたが、ハリー・オズボーンに唆されて彼の計画に加担し、刑務所から脱走。
オズコープ社を襲撃した後、自らが開発した発電施設を襲撃して一時的に使用不能に陥らせ、都市機能をマヒさせた。その後、駆けつけたスパイダーマンと再び戦闘になり、一進一退の攻防を繰り広げていたが、最終的にグウェンの作戦によって体内へ許容量を上回る電流を一気に流しこまれたことで体が限界を迎えて、爆死した。

「最大の敵」の異名は伊達ではなく、スパイダーマンもグウェンの手助けがなければ負けていた可能性が高い。心に弱さを持った人間が、その弱さを攻撃に向けると非常に恐ろしいことになるという好例だと言えるだろう。

関連イラスト

いろんなエレクトロ



関連タグ

MARVEL スパイダーマン
エレキマン:デザインが類似しており、エレクトロを参考にしたのではないかという意見もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「エレクトロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183732

コメント