ピクシブ百科事典

リドラー

りどらー

リドラー(The Riddler)とはアメリカンコミック『バットマン』(Batman)に登場するキャラクターである。 コミックでの初登場は1948年『Detective Comics#140』。
目次[非表示]

概要

謎に対して変質的なまでに執着している犯罪者である。
犯罪を行う際は、その手がかりを凝ったなぞなぞなどの形で残して自分を追う者との知恵比べを楽しんている。
子供の頃、普通の少年だった彼は注目を浴びることばかり考えていた。
ある日学校でパズルコンテストが開かれることになり、
その開催前夜、学校へ忍び込んてコンテストで解くパズルを予め下見し、当日のコンテストに優勝した。
パズルを解くことの面白さ、注目されることの優越感を手にした一件はその後の人生を大きく変え、
犯罪の世界に足を踏み入れてからも、他の犯罪者とは一線を画した知能犯罪を行っている。

プロフィール

本名:エドワード・ニグマ(Edward Nigma)
頭髪:黒髪
目:蒼眼
身長:186センチ(6'1”)
体重:83キロ(183lbs.)

容姿

帽子とマスクを身に付けている。
服装は緑のスーツもしくはタイツにクエスチョンマークを各部にあしらったものが多い。

名前の由来

riddleとは英語でなぞなぞを意味し、また本名のEdward Nigmaを短縮すると謎を意味するenigmaとなる。60年代のドラマシリーズが英語圏以外の各国でも放送された際に、その国の謎に引っ掛けた単語で呼ばれている(日本では「ナゾラー」と呼ばれた)。

登場したメディア作品

実写映画
『バットマン・フォーエヴァー』(Batman Forever)
1995年のアメリカ映画。
元はウェイン・エンタープライズのコンピューター部門で働くエンジニア。他人の脳波を操り、見た者に映像の中に入り込む錯覚を起こす装置「BOX」を開発するが、ブルース・ウェインにマインドコントロールの危険性を指摘され、使用を禁止される。これをきっかけにエドワードはブルースに恨みを抱き、独断で「BOX」を上司であるフレッドに使う。その際、「BOX」は他人の脳波を吸い取るという副作用を発見する。
そして、トゥーフェイスと同盟を結び、犯罪で手に入れた現金でニグマ・テック社を設立。バットマンの正体を暴くために、ニグマ・テック社の新型3D装置「BOX」の発表パーティーでブルースを罠にかけ、ブルースの脳から出た少ないヒントからバットマンの正体を知った。しかし、バットマンの活躍により「BOX」を暴走させられ精神に異常を来たして敗北する。

演じたのは前年の「マスク」や「Mr.ダマー」でブレイクしたジム・キャリー。終始ハイテンションな演技は一見の価値あり。

ドラマ
「GOTHAM/ゴッサム」
ゴッサム市警の鑑識官:エドワード・ニグマとして登場。

脚注

『BATMAN CHILD OF DREAMS』(バットマン チャイルド・オブ・ドリームス)
リドラー - Wikipedia

関連イラスト

?????
???



関連タグ

DC アメコミ バットマン トゥーフェイス

pixivに投稿された作品 pixivで「リドラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103331

コメント