ピクシブ百科事典

ポイズン・アイビー

ぽいずんあいびー

ポイズン・アイビー(Poison Ivy)とはアメリカンコミック『バットマン』(Batman)および派生作品に登場するキャラクターである。 コミックでの初登場は『BATMAN#181』1966年。
目次[非表示]

概要

植物を使ったエコ・テロリズムを起こす専業犯罪者。
植物が健やかに暮らせる環境を守るのが目的であり、それを阻害する者を敵視している。

かつて植物学を学んでいた学生で、内気な性格だった彼女は、教授ジェイソン・ウッドルー博士に言われるがまま人体実験を施される。注入された毒素は彼女の身体と融合し、ついに植物と人間の混合生物と化してしまった。
彼女は、あらゆる毒や微生物、ウイルスなどに対して免疫を持ち、血液で植物を操り、キスした相手を誘惑し自由に操ることが出来る他、毒で殺す能力を持つ。

信じていた博士に裏切られたショックで人間を拒絶するようになり、自然界に身を置くようになる。
現在は、植物の繁栄と安全を第一に考え、人間に対しては嫌悪感を示している。特に男性に対しては強い憎悪を抱いており、誘惑して利用し、最終的に死に至らしめることに喜びを感じるようになった。

ただし、ジョーカーの情婦ハーレイ・クインとは親友関係にある。彼女の無茶な思いつきに巻き込まれては大体損をする。そのため、たまに本当に殺してやろうと思うこともあるようだが、なんだかんだで彼女の尻拭いをする面倒見の良さを見せる。

バットマンなども魅了の対象だが、誘惑が効かず(フェロモンに対抗する薬を使用していたりする)、何度もアーカムアサイラムに送り返されているため、ある種の強迫観念(というか飛びぬけて強い憎悪と恐怖)を抱いている。

この他、ジョーカーやトゥーフェイスなど、代表的なヴィランもだいたい何らかの方法で対策を施してある。というより、ハーレイ以外のヴィランと絡むことは殆どない。
実写映画に登場したときはミスター・フリーズとタッグを組んだが、最後には決裂してえらい目を見ている。

プロフィール

本名:パメラ・リリアン・アイズリー(Pamela Lillian Isley)
頭髪:オレンジ色
目:緑眼
身長:167センチ(5'6")
体重:53.9キロ(119lbs.)

容姿

オレンジ色の髪に緑色で露出度の高い衣装を身に付けている。
肌の色は白か緑で、初期は白人だったが現在はより非人間的な緑となっている。
また衣装も緑色の服から植物そのものに切り替わってきている。一貫して露出度は高い。
poison ivyはツタウルシ(蔦漆)の意味があり、蔦を纏って描かれることも多い。

脚注

『BATMAN CHILD OF DREAMS』(バットマン チャイルド・オブ・ドリームス)

関連タグ

DC アメコミ バットマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ポイズン・アイビー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182648

コメント