ピクシブ百科事典

アーカムアサイラム

あーかむあさいらむ

アーカムアサイラムとは「バットマン」に登場する施設である。初出は「Batman」#258。 アーカム精神病院とも訳される。
目次[非表示]

概要

ゴッサム・シティにある精神治療施設。早い話が「キチ○イ病院」

創設者は医師アマデウス・アーカム。彼が治療にあたった犯罪者に妻と娘を殺害されたことから、徐々に狂気に陥いる。数年後、治療中の事故に見せかけ、その犯罪者を殺害。その後、完全に異常をきたし、患者として収容され狂死した。現在はその甥であるジェレマイア・アーカムが所長を務める。

ジョーカーなどバットマン系のヴィランは精神を病んでいる者が多く、捕まるとここに刑の執行を受ける代わりに送り込まれるので、事実上の刑務所と同じ。
コミックではバットマンは殺人を犯さないルールに従っているため、いかなる凶悪犯も生きながらえるというジレンマに陥っている。そのためのギミックとしてこの病院は設定されている。しかしながら、ジョーカーを始め更生した者は皆無。さらに「出所→犯行→逮捕→収監」の無限ループなのでバットマンのフラストレーションも溜まる一方である。

それ所かアニメ版等一部エピソードでは、知らぬ間に内部がジョーカーら牢名主勢に乗っ取られ、悪役連合軍の本部アジトと化してしまったこともあった。
責任者マジ仕事しろ

なお正気な犯罪者に対しては、ブラックゲート刑務所という通常の収容施設がある。

備考

作中においては非常に重要かつ有名な施設で、同名のグラフィックノベル(現在小プロから邦訳版が復刻した)や、テレビゲーム「Batman: Arkham Asylum」(「今までで最も高い評価を得たスーパーヒーローゲーム」としてギネス・ワールド・レコーズに登録された)も存在する。

また、ゲームの続編「Batman: Arkham City」に至っては、ある人物の差し金でゴッサムシティのスラム街に巨大な壁を建設し、巨大刑務所兼精神病院アーカムシティに作り変えてしまうというとんでもない展開になる。無論、アーカムアサイラムにいるヴィランの皆さんは全員そのヒャッハー地帯に移送され、ついでにバットマンもそこに放り込まれる。

関連タグ

バットマン
ジョーカートゥーフェイスポイズン・アイビー …主な収監者の皆さん
ハーレィクィン …元々はここに勤務していたが、現在は患者としてお世話になっている

pixivに投稿された作品 pixivで「アーカムアサイラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11829

コメント